1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のI'm POSSIBLE(私はできる)教材

[ ここから本文 ]

2017年4月27日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

I'm POSSIBLE(私はできる)教材

2017年4月27日(木)  [荒井秀樹]

IPC教育委員会委員長ニック・フラー氏のシンポジウム「ロンドンでのオリンピック・パラリンピック教育 "GetSet" に学ぶ - I'm POSSIBLEの可能性-」を聴講してきました。


[写真]シンポジウムの様子
(シンポジウムの様子)


東京を中心に小中学校でのパラリンピック教育が始まっていますが、本格的なパラリンピック教育開発は2012ロンドンパラリンピックに向けた3年間で行われ「Get Set(ゲットセット)」として完成したと言われています。
ロンドンでは、当初、パラリンピックに関心がある人がほとんどいませんでしたが、大会が始まるとチケットが完売。親子連れが多かったことから、ロンドンを成功に導く一つの要因になったと言われています。


「I'm POSSIBLE」日本語版は、「パラリンピック公認教材」で、アジア地域のパラリンピック教育を視野に世界に向けた英語版が発表されますが、まずは日本語版を発行し2020東京の目標「共生社会の実現」に向けた重要なコンテンツとして広く展開して行くそうです。
全国の公立・私立を含む2万の小学校高学年を対象に4月中旬〜下旬に配本されると同時に、東京2020オリンピック・パラリンピック組織委員会ホームページからダウンロードできるようになるとのこと、ぜひ一度ご覧下さい。


なお、新田選手らも学校への講演を積極的に行っています。選手の直接の声、とても大切です。


(荒井監督の情熱日記4月27日)


関連記事
気持ちを新たに
札幌開成中等教育学校での選手交流会
第4回 札幌ワールドカップ開催目前!札幌便り

パラリンピック監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.