1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のロシアのドーピング問題の続報

[ ここから本文 ]

2017年5月23日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ロシアのドーピング問題の続報

2017年5月23日(火)  [荒井秀樹]

国際パラリンピック委員会(IPC)は22日に理事会を行い、「ロシアの復帰を認めず、9月に間に合わないと2018年のピョンチャンパラリンピックのエントリーはない」とのニュースが流れました。


元シットスキー選手でワールドカップでも活躍したミハイル氏は、ロシアパラリンピック委員会の理事でもあります。
ソルトレークやトリノのパラリンピックでは、長田選手など日本のシットスキー選手と競っていました。


その彼が、「クレーブンIPC会長が16年の任期を終え、今年9月にアブダビで行われるIPC会長選で新しい会長が選出されることによって、この問題は解決すると確信している」とのコメントが出ていましたが、問題は、一日も早く正常なロシア国内のドーピング検査機関の確立とソチパラリンピックでのドーピング事件の究明だと考えます。


▼ 関連記事
ロシアのドーピング問題
阿部友里香、無念のリタイヤ

パラリンピックスポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.