• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中の北海道からパラめざして

[ ここから本文 ]

2017年6月28日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

北海道からパラめざして

2017年6月28日(水)  [荒井秀樹]

札幌大学で受け持っている「パラリンピック概論」の授業で、「2020東京パラリンピックへ女子車椅子バスケットボール日本代表選手として出場したい」と頑張る碓井琴音選手(北海道教育大)に来ていただきました。


[写真]碓井琴音選手
(碓井琴音選手)


今年度から、目標であった全日本強化指定育成選手にも選ばれて、更なるステップアップをめざします。
片足切断の障がいで、座位のバランスが良いクラスです。そのためにより速く、正確なシュートも要求されるポジションです。
もっとパワーアップしなければ!
今シーズンは冬のトレーニングへシットスキーも取り入れてみようと語っていました。


北海道には女子車椅子バスケットチームがないため、男子チームに入って練習し、試合では東北・福島のチームに所属しています。
そのために練習は福島で、交通費もかかり経済的負担も大きいです。
家族の援助をもらわずにアルバイトで賄っているとのこと。北海道選手の苦しいところです。
北海道にいてもトレーニングできるよう、いろんなシッティング・車椅子スポーツに挑戦し、上腕、体幹を鍛えていくことをアドバイスしました。


聴講した学生たちも、レポートにたくさんの応援コメントを寄せてくれていました。


[写真]授業の風景
(授業の風景)

パラリンピック障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.