1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. 競技ルール
  4. の中のテクニックゾーン(ダイアゴナルゾーン)

[ ここから本文 ]

2017年10月29日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

テクニックゾーン(ダイアゴナルゾーン)

2017年10月29日(日)  [荒井秀樹]

28日の全日本スキー連盟SAJクロスカントリースキー技術代表(TD)研修会で、新しいルールである「テクニカルゾーン」の説明がありました。
クラシカル種目で、ダブルポール(両方のスキーポールで同時に押し推進する滑走技術)を禁止にするゾーンを設けることができるルールが国際スキー連盟FISで決まり、日本においても実施されます。


[写真]SAJクロスカントリー技術運営委員会池田副委員長からの説明
(SAJクロスカントリー技術運営委員会池田副委員長からの説明)


クラシカルテクニックには、ダイアゴナル(左右のスキーをキックさせながら交互に滑走させる技術)がありますが、キックするためにはグリップワックスを塗ります。
このグリップワックスのために滑走性は落ちてしまいます。最近、グリップワックスを塗らずにダブルポールだけで滑走させる選手が出現してきました。それが、このルールができた理由です。
「テクニックゾーン」の設定は、競技運営の責任者であるジュリーメンバー(技術代表、競技委員長等で構成)で判断されます。


パラクロスカントリースキーの競技会では、どうするかパラワールドノルディック委員会の判断が待たれます。

クロスカントリースキー監督日記競技ルール

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.