1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップフィンランド大会最終日4位に入賞した新田選手と荒井監督のコメント

[ ここから本文 ]

2018年2月 9日(金) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップフィンランド大会最終日4位に入賞した新田選手と荒井監督のコメント

2018年2月 9日(金)  [アウローラ]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ第3戦5日目クロスカントリー・ロング・クラシカルで4位入賞を果たした新田佳浩選手と、荒井秀樹監督からコメントが届きました。


【速報】ワールドカップ フィンランド大会 クロスカントリー・ロングで新田佳浩4位、阿部友里香5位入賞!


新田 佳浩 選手
今日はこの大会で1番狙っていたクラシカル種目だったので、4位という結果は悔しいが、後半まで粘り強く滑ることができたことは非常に良かったと思う。
また昨日から気温も上がり、難しいコースコンディションの中で最善を尽くしてくれたワックススタッフ、そしてコースで給水、タイムを伝えてくれたスタッフ、出場しなかった選手の思いが今回の滑りに繋がった。
平昌に向けて各選手が、最高の滑りをするためにも、残りの期間をチームで切磋琢磨してレースに臨みたいと思います。


荒井 秀樹 監督
平昌前のW杯最終戦、クラシカル・ロングレースに挑んだ日本選手達は粘り強い走りをみせてくれました。
特にクラシカルを得意とする新田佳浩は、平昌でも金メダル候補のライバル、フィンランドのイルカ選手、ウクライナのグレゴリー選手に逆転で競り勝ちして上位に入り、今までロングレースでは後半にペースが落ちてしまうことが多かったが、後半にも強さをみせることができました。これは、この間のチーム合宿やナショナルトレーニングセンターでの強化が着実に前進していることを証明しています。
平昌までの残された期間、選手9名ガイド1名、スタッフとともにチーム一丸となって取り組んで行きます。
W杯への多くの皆様のご声援、ありがとうございました。
平昌パラリンピックへの応援、どうぞよろしくお願いします。


(出典元:パラノルディックスキー日本チーム ニュースリリース

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.