• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のインディビジュアル

[ ここから本文 ]

2018年2月 4日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

インディビジュアル

2018年2月 4日(日)  [荒井秀樹]

WPNS(ワールドパラノルディックスキー)ワールドカップ2日目の男女バイアスロン・インディビジュアルが行われ、射撃の不振もありましたが、日本チーム全員で目標に向け頑張ってくれました。


日本からは7選手が出場、男子スタンディングの佐藤圭一選手(エイベックス)が8位、星澤克選手(立命館慶祥高校)13位。
ビジュアルインペアードの高村和人選手(岩手県立盛岡視覚支援学校教諭)と藤田佑平ガイド(早稲田大学大学院スポーツ科学研究科)は8位、女子スタンディングの出来島桃子選手(新発田市役所)は8位、阿部友里香選手は10位。
女子シットスキーの新田のんの選手も8位、男子シットスキー森宏明選手(明治大学)は12位でした。


[写真]給水する高村和人選手と藤田佑平ガイド
(ロングレースでしたので給水を行ないました)


日本チームの命中率は合計140発中106発命中で75%。
各クラスの優勝者は、女子シットスキーで95%、他のクラスは全員100%でメダル獲得者はほぼ満射(100%)です。
国別に見てみるとウクライナが15人出場で命中率88%。ロシアが13人出場で87%。韓国は6人出場で83%でした。


平昌パラリンピック前のバイアスロンレースは今日が最後。帰国後、国内で最終調整し、命中率、射撃タイムのアップを図りたいと思います。


(荒井監督の情熱日記2月4日)

バイアスロンワールドカップ合宿日記監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.