1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップの総合優勝

[ ここから本文 ]

2018年2月 9日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップの総合優勝

2018年2月 9日(金)  [荒井秀樹]

2月3日(土)からフィンランドのボッカティで開幕した大会も5日目で最終戦、クロスカントリー・ロング・クラシカルが行われました。
日本からは6選手が出場し、男子立位の新田佳浩選手が4位、女子立位の阿部友里香選手が5位に入賞しました。
男子視覚の高村和人選手(岩手県立盛岡視覚支援学校教諭)と女子立位の出来島桃子選手(新発田市役所)は7位、そして男子立位の佐藤圭一選手(エイベックス)が9位、岩本啓吾選手(東京美装興業)は11位でした。


[写真]レース中の新田選手
(新田選手 悔しい4位)


日本選手達は粘り強い走りをみせてくれましたが、特にクラシカルを得意とする新田佳浩は、平昌でも金メダル候補のライバル、フィンランドのイルカ選手、ウクライナのグレゴリー選手に逆転で競り勝ちして上位に入り、今までロングレースでは後半にペースが落ちてしまうことが多かったのですが、後半にも強さをみせることができました。
これは、この間のチーム合宿やナショナルトレーニングセンターでの強化が着実に前進していることを証明しています。


平昌までの残された期間、選手9名ガイド1名、スタッフとともにチーム一丸となって取り組んでいきます。
W杯への多くの皆様のご声援、ありがとうございました。平昌パラリンピックへの応援、どうぞよろしくお願いします。

ワールドカップ大会日記監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.