1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. 競技ルール
  4. の中の公平な競技に

[ ここから本文 ]

2017年6月25日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

公平な競技に

2017年6月25日(日)  [荒井秀樹]

22日の深夜、テレビ会議を行いました。
2002年からパラワールドノルディックスキー委員会のバイアスロンルール作業部会のメンバーでルール作りに携わっています。


1998年のパラリンピック長野大会では、ビジュアルインペアード(視覚障害)のライフルはエアライフルで実弾を撃っていました。
(今では信じられませんが・・・)
当時は機器のトラブルも多く、各国チームからの要望もあり、ライフルの音響装置の精度を上げるために、ソルトレイク大会からビームライフルになりました。
当時は35mmのヒットゾーンでしたが、トリノ大会からソチ大会まで28mmに、今は21mmです。
年々射撃レベルが上がっているので、的の直径を小さくし、より難度を高くしています。


バイアスロン作業部会の座長はロブさん(パラノルディック委員会の委員長)とワールドカップ札幌大会で国際レフリーを務めたジョーさんら6名がメンバーです。
ヨーロッパ、北米、日本でのインターネットでのテレビ会議で、ヨーロッパは夕方、北米は朝、日本は深夜です。


今、議論されているのが、バイアスロンのビジュアルインペアードクラスで使用するビームライフル、射座に備え付けてあるものを使うのですが、ライフルが故障していたり、性能が極端に悪いものもあるようです。
そこで、選手個人のビームライフルでのレースは可能かどうか?
また、弱視選手が目視しながら射撃するので、全盲選手と比較すると射撃タイム差も大きくなっています。
公平に行うためには、どうすれば良いかなど、今後ミーティングを続けていきます。

バイアスロンブラインド競技ルール

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.