1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の絆(きずな)

[ ここから本文 ]

2009年8月 8日(土) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

絆(きずな)

2009年8月 8日(土)  [荒井秀樹]

チームにとって、最も大切なのは絆(きずな)。
選手たちのトレーニングは、各自その日のメニューが違う。
久保恒造はシットスキーだし、新田佳浩や太田渉子は、クラシカルスケーティングであったり。
また射撃練習もあれば、筋トレ、スピード練習、持久走も重要な練習メニューだ。
レベルも違うので、当然、みんなバラバラの練習になる。


太田渉子の持久走。3時間、4時間となるが、
どうしてもベーストレーニングなので単調になるし、メリハリがなくなってしまう。
独りだから、なおさらだ。
それにチームメイトからは、
「渉子。歩いてたんじゃ駄目だろ・・」と言われブルーになっている・・・


今日の持久走トレーニング、太田渉子の後を追って、僕も挑戦した。
僕は、3時間、歩かずスキーをした。
そのせいか、太田渉子も普段になくピッチも速いし、フォームも大きい。


[写真]太田渉子
(3時間走の太田渉子についていく・・・)


練習前の朝、新田佳浩の部屋へ行き、
太田渉子に声をかけてほしいと頼んでおいた。


新田佳浩は、太田渉子をコースで見つけ、「ついてこい」とばかりに、二人で飛ばしていった。
「あれれ、まってくれ~」
僕は、離されてしまったけど、遠くにいる二人を見て、うれしかった。


[写真]太田渉子と新田佳浩
(持久走の太田渉子にアドバイスする新田佳浩)


太田渉子も、僕がついて行ったり、新田佳浩に声をかけられたりして、どこかうれしそう。


選手と選手、選手と監督、
そんなちょっとしたところから、絆は生まれていく。
そう、とっても、うれしい瞬間だ。


[写真]太田渉子
(ポジション、方向、角度。小林コーチからのアドバイスを忘れずに!)


[写真]新田佳浩
(チームを引っ張る新田佳浩)

監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

トーレス理花さん
いつもコメントありがとうございます。
海外で活躍されていらっしゃる日本人の皆さんにも、このブログが少しでも読んでいただけたらと願っています。
世界の頂点をめざす彼ら選手たちにご声援をお願いします。

コメント

荒井監督

素敵なブログをありがとうございます。大変ご無沙汰いたしましたが、久しぶりに覗かせていただいたウェブサイトは、皆さんのがんばりで一杯でまた心が暖かくなる反面、私も俄然やる気が出ました。

心の絆、これからも大切に、皆さんに大きな怪我や病気がないよう、海の向こうで応援しています。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.