1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の太田渉子選手と荒井監督のコメント ハプニングを乗り越えて次に繋がるレースを

[ ここから本文 ]

2013年2月26日(火) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

太田渉子選手と荒井監督のコメント ハプニングを乗り越えて次に繋がるレースを

2013年2月26日(火)  [日立ソリューションズスキー部]

IPC障害者ノルディックスキー世界選手権大会第1日、クロスカントリースキー・スプリント・クラシカルで5位に入賞した太田渉子選手と荒井監督のコメントです。
引き続き、応援よろしくお願いします!


▼太田 渉子
今日は決勝に臨むにあたって予想外のことが発生し、慌ててしまった。全てのことを想定してレースに臨まなければいけないと強く感じた。この教訓を生かして明日以降のレースに臨みたい。
身体のキレは良く、しっかりと追い込めたので、次のレースに繋がる内容だったと思う。
また、今までにない暖かい気候で難しい雪質だったが、グライダー、グリップ共に完璧な板を作ってくれたワックスマンに感謝したい。
次のバイアスロンショートでは、練習通りの安定した射撃と積極的なレースを展開していきたい。


▼荒井 秀樹 監督
初戦のスプリントレースで、セミファイナルに進んだ太田、阿部の両選手が上位を狙ったが、阿部は後半の登りで逆転を許し、準決勝5位で終わった。


太田は好調な滑りを見せ、1位で決勝進出を果たした。今の太田のコンディションを見ると、十分に優勝を狙えたと思う。ただ、準決勝後に役員が誤ってゼッケンを回収してしまうというハプニングがあった。
決勝のレース展開は、前半はトップで走っていたが、ポイントとなる下りの急カーブで大きくコースアウトしてしまった。すぐにコースに戻ったが、そこから逆転するのは難しく5位に終わった。
大変悔いの残るレースだったが、太田の身体の動きは良かったので、次のレースに期待している。


明日以降、チームとして万全に体制を整え、レースに臨んでいきたい。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
2013IPCノルディックスキー世界選手権大会が2月23日から開催!

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.