• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中の国際クラシファイアへのPathwayを考える研修会

[ ここから本文 ]

2017年8月26日(土) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

国際クラシファイアへのPathwayを考える研修会

2017年8月26日(土)  [荒井秀樹]

JPC主催の「国際クラシファイアをめざす研修会」に参加しました。


[写真]研修会でいただいた資料
(貴重な資料をいただきました)


パラリンピックに出場する選手は、自分の障がいに応じたクラス分けがされています。
ノルディックスキーで言えば、肘から先が欠損、あるいは障がいの場合はLW8で、新田選手がそうです。
肘から上が欠損・障がいの場合はLW6で阿部選手。
両腕に障がいがある場合はLW5/7で川除選手のクラスと判定されています。
この判定をする方が国際クラシファイアです。


IPC主催の研修に参加、実習等2年間行ない、初めて国際クラシファイアを取得できますが、国際役員に進む人材がおらず、2020東京に向けても大きな課題です。
日本は、語学や本人の仕事のこともあり、まだまだ少なく、ぜひ各競技団体から多数挑戦してもらいたいとJPCも力を入れています。


また、国内クラシファイアも活動しています。
車いすバスケットボール連盟には106名、パラ陸上競技連盟には85名いるとのこと。
アルペンスキーは2名、ノルディックスキーは1名しかおらず、スキー連盟としても本格的に取り組まないといけない課題です。


研修後半は、グループ討議をして他の競技団体の皆さんの取り組みや現状を聞けて、大変参考になりました。

パラリンピック競技ルール障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.