「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. シットスキー
  4. の中のはじめてのシットスキー

[ ここから本文 ]

2006年9月 8日(金) [長田弘幸]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

はじめてのシットスキー

2006年9月 8日(金)  [長田弘幸]

今回は1996年の1月に行われた、私にとって、はじめての合宿のことを書きたいと思います。


その合宿は札幌市の滝野すずらん丘陵公園で行われました。


それまでシットスキーを見たことがない者ばかりだったので、なぜか、みんなアルペン用の分厚いウェアーを着ていました。

私も、はじめはスキー板やシットスキーのことは何もわからず、うろこ付きの板をそろえました。
うろこ付きの板とは競技用の板ではなく、歩くスキー用の板です。


その合宿ではじめてシットスキーに乗りました。車椅子からシットスキーへの乗り降りは大変でした。


乗ってからも、はじめは動かない。動いてもまっすぐ滑れない、曲がれない、転んでしまう、転んだら一人では起きあがれないなど、もう悲惨でした。


見た目よりも大変で、途中で帰ってしまった人もいました。


直線の短い20メートルぐらいのコースで練習した時は、コースの両端にボランティアの学生の方が立っていて、ユーターンする時は4人がかりで持ち上げていました。

車椅子の動きと比べて自由が利かない。この先どうなるのかという感じでした。


レースをしてみても、例えば、クロスカントリーのルールでは、「後ろから追いつかれたらコースをゆずる」というルールがあります。けれども、コースから自力で抜け出すことができないので、横に転んでコースをゆずってからまた起きあがるという事をやっていました。


しかし、そんな大変な合宿でしたが、楽しかったこともありました。また、続きを次回に書きます。

シットスキースキー用具競技ルール

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.