1. ホーム の中の
  2. 活動のお知らせ
  3. の中の僕たちが高校生に伝えたいこと

[ ここから本文 ]

2007年12月 4日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

僕たちが高校生に伝えたいこと

2007年12月 4日(火)  [荒井秀樹]

11月22日、旭川は例年にない大雪だった。
旭岳で合宿中だったが、休養日を利用し、旭川工業高校で講演をしてきた。
生徒、教師、父兄や一般の方1000人近くの方が聞いてくださった。


実は、この旭川工業高校は僕の母校だ。
懐かしくもあり、なにか恥ずかしさもあった。
なぜなら、当時、僕はあまりいい生徒ではなかったからだ。
大学受験をいいことに、授業はサボっていたし、なんと卒業式もでなかった。


でも、そんな僕が、この学校が好きなのは、友達や先生がとても良かったからだ。
きっと今もそうに違いない。
スポーツが盛んで、廊下ですれ違う生徒たちは、立ち止まって挨拶をする。
「部活の子だ」
甲子園にも出場しているし、他のスポーツも道内でも有数の実力校なのだ。
生徒の動きもキビキビしている。


多分、企業の採用担当者がみたら、「ぜひ当社に・・・」と言ってくれるだろう。
先輩として、僕はとてもうれしかった。


僕と長田選手と新田選手、そして講演に初めて近藤選手もつれて訪問した。


近藤さつきは、生徒たちに、
四天王寺高校でバレーボールに夢中になっていた時のこと
自分がトランポリンから落ちて怪我をした時の状況や
救急車でなかなか病院へ搬送できなかったこと。
高校を辞めようと思ったこと、
そして、それを救ってくれたバレー部の仲間がいたこと。
友達が大切だということを話してくれた。
生徒たちも真剣に聞いてくれた。
そして、僕も初めて聞くことだった。


さつきは、最後に、コミュニケーションがとても大切で、
友達との携帯メールも大切だけど、年上の人や年下の人とも接する機会を作ってみてはどうですか?
とアドバイスしていた。


なにかさらりと話す彼女が、「パラリンピック応援してくださいね」とのお願いに、生徒のみんなはとても大きな拍手で応えてくれた。
さつきが演壇から降りたスロープは生徒が作ったものだという。
ありがとう、みんな。


長田も新田も、みんなに想いを伝えてくれた。
そして、最後に僕の土木科の後輩たちが、恥ずかしそうに花束をプレゼントしてくれた。


[写真]旭川工業高校にて講演後に花束を受け取る

本当にありがとう。


とてもうれしかった一日だった。


講演関連記事
早稲田大学で講演、スペシャルゲストに長田選手
札幌市立光陽中学校での講演
全国生涯学習フェスティバル
フィンランドからのビデオレター

活動のお知らせ障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

講演を聞かせていただき、障害のある方に夢を与える仕事をしていることがわかり感動しました。
 土木科としてすばらしい先輩がいると生徒も心にしみ、活力がわいていました。選手共々、今後の活躍を応援します。

コメント

荒井秀樹監督と昨年32年振りに再会し、遠くから眺めていたパラリンピックの内情を少しだけ肌で感じ始めました。私が考えていたものとは、天と地、位の差がありました。手厚い保護などという言葉からは、100万光年もかけ離れている待遇に正直言って驚きました。私もあるスポーツを指導して20年以上が過ぎましたが、そのスポーツは、大変恵まれている環境のもと世界に選手を送り出しています。今回旭川で秀樹君の講演会で長田、新田、近藤の3選手のとても貴重な体験談を聞かせていただいきありがとうございました。講演の2日後に会った3年生の子が「上手く言えないけど感じるもの結構ありました」と言っていました。選手並びにスタッフの皆さんGood gameを期待しています!

コメント

先日はお忙しい中、本当にありがとうございました。講演の前に会議室に行くとあのアンビリバボーの新田選手がいてびっくり!ファンなのにきっかけがつかめず声が掛けられなくて残念でした。講演は素晴らしかったです。私も授業でノーマライゼーションとか教えていますが「絵に描いた餅」みたいなものです。でも、今の高校生はスレているようにみえてもしみ込んでいく心を持っています。もっと多くの生徒達に話を聞かせてあげて下さい。私も力がわきました。

コメント

いや~知りませんでした。
私と一緒に住んでいる甥っ子が今、工業高校の野球部できっと聞いていたと思います。最近、コミニケーション少ないせいかな?(反省)

コメント

旭川に居ながら気づかずにゴメンなさい
私にとっても大切な人生の基礎を築いてくれた母校です
同じ土木科のまじめだった高校生生活を懐かしめるブログ投稿に感謝申し上げます

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.