1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のドイツワールドカップを終えて

[ ここから本文 ]

2008年1月23日(水) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ドイツワールドカップを終えて

2008年1月23日(水)  [新田佳浩]

今大会では、トレーニングの成果と課題の両方を感じる大会であったように思う。


まず、成果としてオフシーズンからウエイトトレーニングを積極的に行ったことで、1ストローク、1キックで、より推進力が生まれたことにより成績が向上したことが上げられる。


[写真]新田選手

そして課題は、ドイツでのレースは朝9時から午後2時まで様々な時間でスタートしたため、アイスバーンや水が浮いているような様々な雪の条件にあった板を準備できず、スキーの滑走性で海外選手に遅れをとってしまったことです。
クラシカルのレースで優勝したフィンランドのイルカ選手はこの大会のために、10台以上の板に雪の条件に合わせたストラクチャーを入れて持ってきているそうです。


日本から多くの台数を持っていくことは難しいかもしれませんが秒差を争うレースでは、板の選択は重要になると感じる大会でした。


[写真]表彰式の新田選手

ワールドカップスキー用具大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

宮下屋さん

コメントありがとうございます。昨年は本当にありがとうございました。今シーズンはなかなか長野に行く機会もなかったのですが、また伺いたいと思います。

今後とも応援をよろしくお願いいたします。

コメント

新田君、活躍してますね!励まされます。
去年が懐かしく、我が家の子供たちも今年は新田のにいちゃん来ないの?だって!また、機会があれば来て下さい。今後の活躍、期待します。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.