1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中の新田が3日連続の優勝!太田は2位!全カナダ選手権

[ ここから本文 ]

2008年3月23日(日) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田が3日連続の優勝!太田は2位!全カナダ選手権

2008年3月23日(日)  [日立ソリューションズスキー部]

3月21日(金)、ウィスラー・オリンピックパーク(カナダ)で開催中の全カナダ・クロスカントリースキー選手権大会(主催/カナダ・スキー連盟)障害者部門 男子スタンディングの部 スプリント(1.2km)フリーで、新田佳浩が優勝いたしました。
新田は18日の5kmクラシカル、19日の7.5kmフリーに続く優勝です。


[写真]新田選手


また、女子スタンディングの部 スプリント(1km)フリーで太田渉子(日立システム)が2位に入賞しました。
太田は18日の5kmクラシカル、19日の5kmフリーでは3位に入っています。


[写真]太田選手


●荒井秀樹監督の談話
新田はここまでの3レースすべてで優勝している。
会場のウィスラー・オリンピックパークは、他の会場では見られない起伏の激しい難しいコースレイアウトになっている。
このようなコースで結果を出していることは、パラリンピックに向けての大きな成果となる。


[写真]新田選手
コース脇は観客でいっぱい、新田の滑りに大歓声がおこる!


太田はスプリントを得意としており、今日は2位に入った。
ワールドカップ最終戦ノルウェー大会後、フィンランドに戻ってからも厳しいトレーニングを積んで、この大会に入ってきた。少し疲れがあったかもしれないが、アップダウンの激しいコースで好成績を残したことは自信になるだろう。


オリンピック/パラリンピック会場となるウィスラー・オリンピックパークは湿気の多いベタ雪で、スキーが雪にとられたりする。
気象状況も不安定で、連日天気予報も外れて、気象条件を読みにくい。全体的に手強いというコースという印象をもった。
このようなデータを持ち帰り、パラリンピックに向けて対策をたてていきたい。


■成績
▼ 男子スタンディング(立位)の部/スプリント(1.2km)フリー
新田佳浩   優勝 (予選1位通過)

▼女子スタンディング(立位)の部 /スプリント(1km)フリー
太田渉子 2位 (予選2位通過)

活動のお知らせクロスカントリースキーパラリンピック

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.