1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のスプリントレース 涙の準決敗退

[ ここから本文 ]

2009年2月 7日(土) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

スプリントレース 涙の準決敗退

2009年2月 7日(土)  [荒井秀樹]

久保選手は、くやしい準決勝敗退だった。
4人1組で2名が勝ち抜けする。
LW11クラスの久保とLW12クラス選手3人で戦った。


500m~600m付近の急な上り坂。
得意のピッチで登り切る久保に、11秒遅れでスタートしたLW12の選手たちが猛然と襲いかかってくる。
彼らの特徴は、強靭な上体をパワフルに前後に使い滑らしていく走法だ。さらには、彼らは切断などで体重も軽く、その利点を最大限に生かした滑りを見せている。


[写真]準決勝の久保選手
(最初の登りを逃げる久保)


[写真]久保選手苦しい登り
(スプリント準決勝 600m付近の登り くいしばって逃げる久保)


[写真]久保選手に他の選手が迫る
(トルヴェル・ラーセン(ノルウェー)が追いかける)


渡辺コーチのピッチを上げろの指示に、苦痛を耐えながらスピードを上げていく久保。
逃げきるかと思ったが、最後の直線の下りと大きな左へのカーブで、上体のいいラーセン選手(ノルウェー)らLW12選手がクラウチング姿勢から片スキーでコーナーを曲がり加速していく。
ゴール手前でさされ、くやしい3位だった。


悔し涙をみせる久保に、「よく頑張った」ねぎらうスタッフ。
夜のチームミーティング、「明日のロングでがんばります」と決意を語る久保に、いよいよ前半の大会、最終戦、100%の力を出し切ろうと誓い合った。


[写真]決意する久保選手

クロスカントリースキーシットスキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

久保君、この悔しさをバネにもっともっと前へ前へ進んで下さい。ガンバレ、ガンバレ久-保!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.