1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のバイアスロンの成果と課題

[ ここから本文 ]

2011年12月13日(火) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バイアスロンの成果と課題

2011年12月13日(火)  [新田佳浩]

10日(土)に行われたバイアスロンショート競技が、9位。


翌日11日(日)に行われた新種目バイアスロンパシュート競技が、8位。


この2戦を通じて感じたことは、各選手の射撃タイムがかなり向上していることです。


昨シーズンまでは、射撃タイムと命中率で日本チームはアドバンテージを取ってきていましたが、今シーズンはかなり苦戦を強いられそうです。


実際にバイアスロンパシュート競技では、ほぼ同じタイミングで射座に入ったにもかかわらず、それほど大差なく射撃を終えていました。


そこで重要になるのが、「ここで命中すれば・・・」「ここは確実に命中させなければいけない」といったプレッシャーのかかる中で、いかに平常心で射撃ができるかだと思います。


この2レースは、30発中26発命中で命中率が約86%でした。


射撃の苦手な部分をある程度克服してきた感覚はありますが、世界のトップクラスは更に高い命中率のため、もう1段階高いレベルにステップアップしなければいけません。


ただ、苦手としていたスケーティングは、今シーズンから意識してきた技術的なことをレースでも出せたことが収穫でもありました。


まだまだ問題や課題はありますが、解決や克服をしていけば良い方向に向かうと前向きに考えて、次も頑張りたいと思います。


[写真]ノルウェーの朝焼け
(ノルウェーの朝焼け)


関連記事
バイアスロン競技パシュート 久保恒造、太田渉子ともに3位
いよいよワールドカップ大会が始まります
ワールドカップ・ノルウェー大会開幕

バイアスロンワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.