1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のバイアスロン・ショートで2位になった久保恒造選手と荒井秀樹監督のコメント

[ ここから本文 ]

2013年12月16日(月) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バイアスロン・ショートで2位になった久保恒造選手と荒井秀樹監督のコメント

2013年12月16日(月)  [日立ソリューションズスキー部]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第1戦カナダ大会4日目、バイアスロン・ショートで2位になった久保恒造選手と荒井秀樹監督のコメントです。
引き続き、応援をよろしくお願いします!


ワールドカップ第1戦カナダ大会4日目結果


久保恒造
シーズン初戦のバイアスロンレースで、今日のレースプランは1周目はハイペースで入り、良い順位に付けて1回目の射撃を行う事を意識した。その1回目の射撃では、上位選手が全員当てていたので、自分も確実に当て、2周目で勝負を掛けた。その2周目はオーバーペースで入り、そこでメダル圏内にいないと厳しいという意識はあった。2回目の射撃はオーバーペースの状態で行ったが、時間を掛けて1発1発慎重に当てた。後は逃げ切る形となったが、周りの選手の状況を見ながら、思い通りのレースを展開する事はできた。これも、最後尾の良い位置でスタートを切れたのが大きかった。


荒井秀樹 監督
バイアスロン初戦、このシーズンに向けて、重負荷での射撃タイム短縮、命中率向上を目標に取り組んできた。今日のレースでは、久保恒造、佐藤圭一、出来島桃子がほぼ思い通りのレースを展開出来た。
トップから9秒差の久保は、明日以降のミドル、ロングレースで、より高い表彰台を狙える位置に付けている。男子立位の佐藤も5位入賞を果たし、ソチへ弾みを付けた。女子立位の出来島は、ペナルティ1ではあったが、粘りの走りで3位を勝ち獲った。ゴールして悔し涙を見せた太田渉子は、10発中ペナルティ5で5位という結果だったが、射撃を修正すれば上位に入れる力を持っている。気持ちを切り替えて、明日以降のレースに全力を発揮してもらいたい。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


ワールドカップ第1戦カナダ大会その他の結果
【速報】女子立位の太田渉子が2位!ワールドカップ第1戦カナダ大会1日目結果
【速報】女子立位の太田渉子が2日連続の2位!ワールドカップ第1戦カナダ大会2日目結果
【速報】男子立位の新田佳浩、男子座位の久保恒造が共に5位!ワールドカップ第1戦3日目結果


関連記事
ワールドカップ第1戦カナダ大会に出発する選手たちからの動画メッセージ
ワールドカップ第1戦カナダ大会が12月9日から開催!

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.