※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のクロスカントリースキー・スプリント・クラシカルで2位になった太田渉子選手と荒井秀樹監督のコメント

[ ここから本文 ]

2013年12月11日(水) [日立ソリューションズ チームアウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

クロスカントリースキー・スプリント・クラシカルで2位になった太田渉子選手と荒井秀樹監督のコメント

2013年12月11日(水)  [日立ソリューションズ チームアウローラ]

IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦カナダ大会2日目、クロスカントリースキー・スプリント・クラシカルで2位になった太田渉子選手と荒井秀樹監督のコメントです。
太田選手は大会1日目に引き続き2日連続の2位獲得となりました。
引き続き、応援のほどよろしくお願いします!


ワールドカップ第1戦カナダ大会2日目結果


太田渉子
2日目を終えて、キャンモアのスプリントコースはカーブが急で、コーナーワークを意識していたが、決勝では位置取りが上手くいかず、減速してしまったところが課題として残った。また、予選と決勝の間が3時間以上あったが、時間の過ごし方やアップの仕方を見直し、次に繋げていきたい。


次戦はバイアスロン・ショートレースとなるが、気持ちを切り替えて、集中して臨んでいきたい。


荒井秀樹 監督
太田渉子が2日連続2位で表彰台に上がった。新田佳浩は6位、久保恒造が7位、佐藤圭一が17位、岩本啓吾が24位。太田と新田が決勝に進出した。2人ともクラシカルを得意としており、ロシアのライバル達と最後まで競った。


本日のレースを振り返ると、太田は、予選レースでは良い滑りが出来ても、決勝において本来の滑りが出来ないでいる。ソチ本番に向けてスプリントレースの戦い方をもう一度見直し、強化していきたい。久保は久しぶりのスプリントレースで、世界のトップレベルの選手達と互角に戦えた。スロースターターと言われてきた久保だが、これをきっかけにスピード力を付けていきたい。


12日のクラシカルロングには、新田と久保が持てる力を出し切れるよう、万全の体制で臨んでいきたい。日本の皆様の応援を宜しくお願いします。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


ワールドカップ第1戦カナダ大会その他の結果
【速報】女子立位の太田渉子が2位!ワールドカップ第1戦カナダ大会1日目結果
【速報】男子立位の新田佳浩、男子座位の久保恒造が共に5位!ワールドカップ第1戦3日目結果


関連記事
ワールドカップ第1戦カナダ大会に出発する選手たちからの動画メッセージ
ワールドカップ第1戦カナダ大会が12月9日から開催!

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.