※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップドイツ大会バイアスロン・スプリントで阿部友里香が8位!

[ ここから本文 ]

2020年2月 2日(日) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップドイツ大会バイアスロン・スプリントで阿部友里香が8位!

2020年2月 2日(日)  [アウローラ]

世界パラノルディックスキー(WPNS)主催のワールドカップ(W杯)第3戦が2月1日にドイツのフィンステラウで開幕し、大会初日の男女バイアスロン・スプリントが行われました。


日本からは3選手が出場し、阿部友里香選手が8位、佐藤圭一選手(エイベックス、愛知県名古屋市出身)、出来島桃子選手(新発田市役所、新潟県新潟市出身)が9位でした。


[写真]阿部友里香
(阿部友里香 6.5km地点の力走【撮影:荒井秀樹】)


日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。


WPNSパラノルディックスキーワールドカップ第3戦:ドイツ大会初日
■開催日/2月1日(土)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/8時間 ■開催地/ドイツ フィンステラウ
■天候/曇り ■気温/5℃ ■雪温/0℃
■開催種目/
 男女男女バイアスロン・スプリント
 立位7.5km
●競技方式
・1周ごとに1回射撃を行う
・射撃は1回5発を2回行う
・射撃のペナルティーは1発外すごとに1周150mのペナルティーループを周回する
●記録内のPはペナルティー(射撃で外した数)。()は内訳
例)P=1(0+1)=ペナルティー1。(1回目+2回目)
-----------------------------------


【男子】
▼立位の部
佐藤圭一(エイベックス) 9位 
   27分25秒2 P=1(1+0)
[優勝:ベンジャマン・ダビエ(フランス)
   23分05秒9 P=0]


【女子】
▼立位の部
阿部友里香 8位
   35分54秒9 P=4(3+1)
出来島桃子(新発田市役所) 9位
   36分07秒1 P=5(2+3)
[優勝:オレクサンドラ・コノノヴァ(ウクライナ)
   30分06秒1 P=1(1+0)]


■談話
▼阿部 友里香選手

前日までの雨で雪が無くなり、当日コース変更になったり、所々コースに水溜りができていたりと、非常にタフなレースであったが、ワックスマンが仕上げてくれた板に助けられた。
ひとつでも順位をあげようと、最後まで諦めずに走ることができた。射撃では弾が下に下がる癖がでてしまい勿体無いことをした。残りクロカンが2レースあるので引き続き頑張っていきたい。


▼小舘 操ヘッドコーチ(日本障害者スキー連盟専任コーチ)
今回WC第1戦の成果分析に基づき、帰国後強化をした成果を確認する目的で参戦しています。本日初戦バイアスロン、スプリントに参戦しましたが、時折強い横からの風、不規則に風向きが変わる等、射撃には悪条件下で行われました。そんな中、ベテラン佐藤選手はペナルティー1と健闘しました。女子では、最初の射撃で風の影響を受け出したミスの影響が大きく、本来の射撃能力の発揮が出来ず成績に大きく影響しました。
明日、佐藤、出来島が個人戦に参戦しますが、4回の射撃と言うことで、ベテランらしく射撃能力を発揮し上位に食い込みたいと思います。
引き続き応援宜しくお願い致します。


(出典元:パラノルディックスキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
明日ワールドカップドイツ大会が開幕!選手からのコメントが届きました!

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

長濱監督、荒井さん
「始めチョロチョロ、中ぱっぱ、終わりよければ全て良し」
「急がず、慌てず、諦めず」
全日本チームの大会戦略は、古来、最終戦に焦点を当てた戦いでした。3月の世界選手権を期待しております。
渡部
             

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.