1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中の勝つということ

[ ここから本文 ]

2008年12月19日(金) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

勝つということ

2008年12月19日(金)  [新田佳浩]

本日の練習は、3時間走だった。走破した距離は45km。最後の1時間は17kmを滑ることができたので、充実したトレーニングを行えた。


走りながら、技術を考えてしっかり滑れているか、ペースは落ちてないか、などなどを考える。
しかし時間をこなしていくと、登りでは足が辛くなり、平地では腕が辛くなる。そんなとき少し歩こうか・・・と思ってしまう。


でもそこで、「自分自身に負けていないか?」と思うようにしている。
ワールドカップ、世界選手権、そしてパラリンピック、多くの選手が必死に勝利を求めてトレーニングを行っている。そういった選手に勝つためには、まず自分自身に勝たなければならない。


[写真]新田選手滑走シーン


勝つということは、相手に勝つことよりも自分自身の弱い心に勝つことだと思う。


数年前にスケートの清水選手と話しをさせていただいたとき、「自分で限界を作らない。限界を自分で作ってしまうと、人間は楽なほうに行って、成長を止めてしまう。」という言葉が印象的だった。


私もそのような想いをもった選手でいたいと思う。

合宿日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.