1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の本日、大会最終日 クロスカントリースキー・スプリント

[ ここから本文 ]

2009年2月 1日(日) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

本日、大会最終日 クロスカントリースキー・スプリント

2009年2月 1日(日)  [日立ソリューションズスキー部]

男子・立位の部で新田佳浩がメダル目指す
女子立位の部の太田渉子が連日の表彰台狙う



フィンランド・ボッカティで開催中の世界障害者ノルディックスキー選手権大会(国際パラリンピック委員会=IPC=主催)は、本日2月1日(日)に大会最終日を迎え、男女クロスカントリースキー・スプリント・クラシカルが行われます。


日本からは代表8選手全員がエントリー。
男子のエース・立位の部の新田佳浩は、今大会自身初のメダル獲得を狙っています。また、昨日1月31日(土)にバイアスロン長距離(12.5km)で2位に入った太田渉子は、連日の表彰台を目指します。


■種目/クロスカントリースキー・スプリント・クラシカル 
 ▼座位の部 男女1km 
 ▼立位の部・男女1.2km   

    
■競技開始予定
 立位の部 午前10時 
 座位の部 午前10時50分 


■出場選手
▼座位の部 
 男子:長田弘幸、久保恒造
▼立位の部
 男子:佐藤圭一、瀧上賢治、新田佳浩
 女子:太田渉子、出来島桃子
▼視覚障害の部 
 女子:鹿沼由理江、〈ガイド〉大平紀夫(松本養護学校)


荒井秀樹日本チーム監督談話
体調戻った新田に期待。大会最終日もチーム全員で好成績を勝ち取りたい


スプリント(短距離)種目は、エントリー数が多く、大会最終日を飾るにふさわしい華のある種目だ。日本からは、代表8選手が初めて出そろう。明日は選手、スタッフ一同、全員で戦って好成績を残したい。


もっとも期待しているのは、新田佳浩だ。フィンランドに入ってから体調を崩し、出場予定だった2種目のエントリーを取りやめて回復につとめてきた。明日のスプリント・クラシカルは新田の得意種目。レースに出られなかったうっぷんを晴らす意味でも、本来の力強い滑りで結果を残してほしい。


昨日のバイアスロン長距離(12.5km)で2位に入った太田渉子もメダルを狙う。太田は、現在の女子立位の部で、世界の4強の一人。力をすべて出し切る走りをみせてほしい。


新田佳浩談話
体調不良で出られなかったぶんも、メダルを狙います!
体調不良でみなさんにご心配・ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。おかげさまで体調も戻ってきました。
明日は、出場できなかった種目のぶんまで、メダルを取れるようがんばります!


関連記事
スピード化が進む世界。対応策を講じていきたい
世界選手権最終日スプリント 太田が4位!

活動のお知らせクロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.