1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のバンクーバーオリンピック・パラリンピックのマスコット

[ ここから本文 ]

2009年3月 3日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バンクーバーオリンピック・パラリンピックのマスコット

2009年3月 3日(火)  [荒井秀樹]

渉子のトレーニング中に、バンクーバーのマスコットたちがいた。「ミーガ」と「クワッチ」、「スーミ」だ。
マスコットたちの由来は、可愛いMiga(ミーガ)はシャチと白熊を基にしている。


[写真]ミーガと太田選手
(ミーガはオリンピックのマスコット)


どこかポンキッキのムックを思い出すQuatchi(クワッチ)は、ロッキー山脈の未確認動物サスクワッチ(ビッグフット、「毛深い巨人」の意味)。
サンダーバード(先住民の伝説上の鳥)の羽と熊の足を持ち、オルカの帽子をかぶったSumi(スーミ)は、パラリンピックのマスコット。


[写真]スーミと太田選手
(パラリンピックのマスコット「スーミ」と渉子)


それに、アニメにしか登場しないMukmuk(マックマック)は、バンクーバー島に生息するマーモット(リスに似た小動物)がモデルとのこと。


過去のオリンピック、パラリンピックでは、マスコットは別々のデザインでイベントも別が多かった。
でも、ここバンクーバーでは、一緒にイベントやキャンペーンが行われていると聞く。
98年の長野の時は、オリンピックが「スノーレッツ」で、パラリンピックは「パラビット」だった。デザイナーも違っていたし、キャラクターグッズも別だった。
そんな当時からみると、オリンピック、パラリンピックのマスコットも、「一緒に取り組むようになったんだな~」と、つくづく思う。


[写真]子供達に囲まれるミーガ、クワッチ、スーミ
(右からミーガ、クワッチ、スーミのマスコットたち)


それにしても、このミーガと渉子、お互いに、まん丸顔だし、どこか他人とは思えなかった・・・


[写真]ミーガと太田選手
(ミーガと渉子、似ている・・・)


プレパラリンピック大会関連記事
2月26日は41時間
バンクーバープレパラリンピック大会コースの下見
オリンピックパークを下見してきました
ウィスラーオリンピックパーク
プレパラリンピック大会に向けて

パラリンピックワールドカップリフレッシュ大会日記監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.