1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のバンクーバーパラリンピック必勝法 ダウンヒルとターンに強くなれ!

[ ここから本文 ]

2009年5月15日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バンクーバーパラリンピック必勝法 ダウンヒルとターンに強くなれ!

2009年5月15日(金)  [荒井秀樹]

旭岳合宿の練習メニューの一つを紹介します。


5月連休明けの旭岳、合宿中だった大学生達も、授業が始まったのか、極端に少なくなった。
シットスキー選手にとって、コースに余裕があると、苦手な個所を反復したり、下りの練習など安全に練習ができるようになる。
そこで、バンクーバーオリンピック・パラリンピックコースを想定できる下りやターンを探し、そこで反復トレーニングをした。


来年のバンクーバーオリンピック・パラリンピックコースの特徴は、下りの急なターンや登りきってすぐにターンがあるなどシットスキーにとって難度の高いコースだ。
これを攻略するのには、基礎的なテクニックを徹底して行うことが、とても大切だからである。


長田弘幸も久保恒造も、転倒し、なかなかベストラインを取れない。
それに、シットスキーは、シットとクロカンスキーがビンディングで固定されており、エッジを利かせたり、テールをずらしたりすることが出来ないシンプルな仕様になっている。
そのため、片スキーぎりぎりに重心を移動し、ポールを操りながらの高度のテクニックが必要だ。


[写真]転倒する長田選手
(内側に体重を掛け過ぎると転倒する長田)


[写真]転倒する久保選手
(スピードを出し過ぎると遠心力で飛ばされる久保)


しかし、何事も反復しているうちに、スピードもコーナーリングも、トップスピードでドンドン加速していけるようになっていく。
練習をしていて、こんなに上達すると面白い。


長田弘幸の障害と久保恒造の障害の程度が大きく違うし、
そのことに熟知したコーチの、選手に適したテクニック指導が重要になってくる。


[写真]ターンする長田選手
(スキーポールを巧みに操りながらターンする長田)


[写真]ターンする久保選手
(スキーに重心を移動し加速ターンする久保)


久保恒造の場合、昨シーズンは、登り、平地のトレーニング中心で、
下りやターンの練習が少なかった。
旭岳のような、春スキーも出来る広い環境のいいコースがあれば、可能で、バンクーバーオリンピック・パラリンピックコースを攻略できると確信している。


5月もあと少し。
これからは、夏のトレーニングが始まる。
夢は、バンクーバーパラリンピック。
あと10ヶ月だ。


ウィスラーオリンピックパーク関連記事
バンクーバーに到着、勝利を誓う長田と久保!

パラリンピックシットスキー監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

トーレス理花さん
お住まいのアメリカのお話やスペシャルオリンピックスのお話など、とても参考になりました。
いよいよ300日をきりました。
この夏場のトレーニングが全てです。
これからも、応援よろしくお願いします!!

コメント

荒井監督
先日は皆さんの測定中にお邪魔して失礼致しました。
スポーツに無知な私を選手の皆さんが暖かく迎えてくださり、本当に楽しい時間を過ごすことができました。皆さんがピカピカ光って見えて、あぁ世界を目指す人たちは素晴らしいな〜!って思わずにはいられませんでした。
長田選手、新田選手、久保選手、これからもこのページで活躍を楽しみにしていますね。バンクーバーでの再会を楽しみにしています!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.