1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の明日以降も攻めのレースを

[ ここから本文 ]

2010年2月 5日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

明日以降も攻めのレースを

2010年2月 5日(金)  [荒井秀樹]

新田佳浩が今季W杯で初優勝した。
今日のコースは上り下りばかりで平地がほとんどない、新田が得意とする設定。
レース前、インコースをとり攻めていこうと話していたが、その通りの展開にすることができた。これまでクラシカルではW杯で2度優勝しているが、いずれも長距離(20km)だった。今日はスプリント。タイムではなく順位を争うこのレースで勝てたことは収穫だ。


[写真]トップで坂を登る新田佳浩
(決勝戦 トップで坂をダブルポールで登りゴールへ向かう新田佳浩)


新田とは対照的に、ももから下の義足を使用する瀧上賢治(JAF愛知)にとって、アップダウンのきつい今日のようなコースは厳しい展開となる。準々決勝まで進み、9位とヒトケタ台に入ったが、上位入賞はならなかった。
女子で唯一出場した鹿沼由理恵(DHLジャパン)は5位に入り、健闘した。レースを重ねるごとに成長しており、本人も手応えを感じているようだ。


今大会はロシアなど強豪も参加しているパラリンピック前の最後のW杯。
それだけに新田の優勝は大きな意味を持つ。この勢いで明日以降も攻めのレースをしたいと思う。


ワールドカップドイツ大会関連記事
バンクーバー・パラリンピックを前に上半身強化の成果を出せました
新田佳浩が今季初優勝!ワールドカップ第3戦ドイツ大会 第1日結果
ワールドカップ最終戦 ドイツ大会開幕

クロスカントリースキーワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

bihorokatoさん
F2-Sさん

いつも応援ありがとうございます。
表彰式では、各国の監督やコーチから、
たくさんの祝福をもらいました。
残り2レースでワールドカップも終わります。
気合を入れなおして、選手たちをサポートします!!

コメント

荒井監督、新田選手の優勝おめでとう御座います。一安心でしょう。これからもハリのある大声で各選手を勇気づけて下さい。

コメント

バンクーバーパラリンピック日本代表選手団の活躍は「日立システムスキー部 応援マガジン」、民放TVバンクーバーオリンピック公式競技動画「gorin.jp」、2010年バンクーバーポッドキャスト「Podcast : Vancouver 2010 Winter Paralympics」で声援をおくります。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.