「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中のタイムチェック

[ ここから本文 ]

2011年12月16日(金) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

タイムチェック

2011年12月16日(金)  [新田佳浩]

クロスカントリー競技は、30秒ごとにスタートしていくため順位を知るために監督、コーチはタイムチェックの機械を使って選手に順位を教えています。


障害者のクロスカントリー競技では、30秒ごとのスタートに加えて障害の程度によって係数が違うため更に複雑になっています。


そこで日本では、タイムランチャーというソフトをパソコンに入れて選手に情報を伝えています。


ただ、マイナス気温の中でのパソコンの作業のため、手袋を外して選手の番号を入力。バッテリー、雪や雨の対策など様々な問題があります。


そのような中で監督、コーチは選手にしっかり順位を伝えようと頑張ってくれています。


[写真]日本のタイムランチャー
(日本のタイムランチャー)


しかし、時代の流れとともにタイムチェックも変わってきています。


現在ノルウェーチームはタブレット端末で画面をタッチすると自動的に順位がわかるようになっています。


[写真]ノルウェーチームのタイムランチャー
(ノルウェーチームのタイムランチャー)


関連記事
人のつながり
ワールドカップ大会の宿舎で
太田渉子のラストスパート

クロスカントリースキー大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.