1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のソチパラリンピック対策ミーティングと国立スポーツ科学センターの見学

[ ここから本文 ]

2012年6月 8日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ソチパラリンピック対策ミーティングと国立スポーツ科学センターの見学

2012年6月 8日(金)  [荒井秀樹]

ソチパラリンピック対策のミーティングを、全日本スキー連盟クロスカントリー部長の佐藤志郎さん、トレーニングコーチで同志社大学の竹田正樹先生としてきました。
こちらは長田弘幸、新田佳浩、久保恒造の各選手と、古橋事務局長、勝呂事務局員がおり、これから合同でソチパラリンピック対策を進めていくことと、国立スポーツ科学センター(JISS)の利用について意見交換をしました。


[写真]ミーティングの様子
(ミーティングを行いました)


国立スポーツ科学センターとは、
「スポーツ科学・医学・情報など先端的な研究のもと、充実した最新施設、器具・機材を活用し、各分野の研究者、医師等の専門家集団が連携しあって我が国の国際競技力向上のための支援に取組んでいます。」
公式サイトの、概要より引用)


ちょうど、この日は、スキーのナショナルチームがローラースキーで測定をしていて、その様子も見学してきました。
ここでパラリンピックの選手たちもトレーニングできるようになれば、一段と強化が進むと思いました。


[写真]ローラースキーで測定の様子
(ローラースキーで測定)


[写真]測定を見学
(測定を見学しました)


関連記事
ソチパラリンピックまで1000日を切って
クロスカントリースキーのための自体重トレーニング
太田渉子、水中体重計で測定
体力測定。数字化することの大切さ

パラリンピック監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.