• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の最終戦バイアスロン・ロングレースで課題が明確に

[ ここから本文 ]

2012年12月27日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

最終戦バイアスロン・ロングレースで課題が明確に

2012年12月27日(木)  [荒井秀樹]

ワールドカップ第1戦最終日は、晴れ間が広がり、-20℃近くまで下がった。
指先が痛く辛い。
この日は、バイアスロン・ロングレース、立位男子15km(3km×5)立位女子 12.5km(2.5km×5)、座位男子12.5km(2.5km×5)座位女子 10km(2km×5)が行われた。
レースは、バイアスロン・パシュートで優勝している久保恒造と、ロシアのイレク、グレゴリーとの戦いで、レース後半から射撃好調の17歳新鋭グレゴリーとの一騎打ちになった。


今日の久保は、寒さの影響で、なかなかエンジンがかからなかった。
レース後の感想で、「あまりの寒さに身体が・・・」と下肢に感覚がない脊髄損傷の久保にとっては、キツイ条件だった。
ライバルのグレゴリーとイレクは、座位が安定している両足切断選手だ。


[写真]久保恒造選手
(-18℃の厳寒のレースだった。防寒対策が必要だ)


この日のレースで、射撃タイムはグレゴリーが25秒前後で、ペナなしの満射。
久保は射撃タイム30秒台でペナルティー1だった。
より負荷のかかった状況での射撃タイム短縮が課題だ。


今シーズンのバイアスロンは、ロシアのローマン(今大会は腰痛で欠場)、イレク、そしてこの17歳のグレゴリーと日本の久保の争いになるだろう。


フィンランド大会も終了し、年末年始の合宿が始まる。
選手みんなの課題を少しでも解決、向上させて、次のアメリカ大会に臨みたい!
今年一年、日本のみなさんの応援、ありがとうございました。
また、フィンランド大会でボランティアで参加していただいた木村彩夏さん(茨城大学 院生)には、チームの戦力となって活躍してくれた。本当にありがとうございました。


[写真]太田渉子選手
(走力強化が課題の太田渉子)


[写真]佐藤圭一選手
(ゴールに向かう佐藤圭一)


関連記事
久保選手と荒井監督のコメント ワールドカップ第1戦最終日
【速報】ワールドカップ第1戦最終日 久保恒造が2位!
バイアスロンのトレーニング[関連記事まとめ]

バイアスロンワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.