1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の新田佳浩選手と荒井監督のコメント ワールドカップ第2戦2日目

[ ここから本文 ]

2013年1月15日(火) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田佳浩選手と荒井監督のコメント ワールドカップ第2戦2日目

2013年1月15日(火)  [日立ソリューションズスキー部]

ワールドカップ第2戦2日目、クロスカントリースキー・ロング・クラシカルで2位となった新田佳浩選手と荒井監督のコメントです。
引き続き、応援よろしくお願いします!


▼新田 佳浩
アメリカ大会2戦目となるクラシカルロングレースを終え、年末年始に取り組んできたトレーニングの成果を感じるレースを展開できたのは収穫だった。
一方で、ラスト5kmでパフォーマンスを上げることができなかったのは今後の課題なので、ソチプレ大会ではラストでパフォーマンスを上げられるよう、意識してトレーニングに取り組んでいきたい。
また、監督・コーチだけでなく、他の選手も含め、チーム一丸となって戦うことができ、日本パラリンピックチームの良さを感じることができたレースだった。このチームワークを次戦以降にも繋げていきたい。


▼荒井 秀樹 監督
ノルウェー・ヴェガードとの一騎打ちになったレースで、後半までリードを保ってトップを走っていたが、最終ラップで逆転を許した。
レースは登りで引き離して、平地で追いつかれるという展開だったが、登りでどれだけ差を付けるかが大きなポイントだった。雪不足で平坦なコース設定となっていたが、下肢に障害のある選手はダブルポールを多用できるので、有利と言われている。そのような中で、互角に戦えたのは大きな成果に繋がったと思う。
新田佳浩にとって今季初の表彰台となったが、この結果はチーム一丸となって勝ち取った表彰台と言える。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
【速報】ワールドカップ第2戦2日目 新田佳浩が2位!
【動画メッセージ】ワールドカップ アメリカ大会に出発する選手たち
心機一転

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.