1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中の新田佳浩がソチでスキーテスト

[ ここから本文 ]

2013年2月 5日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田佳浩がソチでスキーテスト

2013年2月 5日(火)  [荒井秀樹]

ソチオリンピックのテストイベント(FISのワールドカップ)のレースが始まりました。
2月1日は、スプリントレース、2日はスキーアスロン、3日はチームスプリントです。
日本からは、石田正子選手(JR北海道)と成瀬野生選手(岐阜日野自動車)、吉田圭伸選手(自衛隊冬戦教)の3人が出場し熱い戦いが行われました。


各国チームとも初めてのソチオリンピックコースで、スキーテスト、ワックステストを繰り返していました。
パラリンピックチームと違い、五輪のプレ大会はチーム数やサービスマンも多く、
「世界の最高峰レベルがここに集結している。」そんな圧倒される雰囲気があります。


日本のパラチームは、コースの調査とコース映像撮り、スキーのストラクチャーテストを行いました。
新田選手と嶋田コーチにはスプリントコースや3.75kmのクラシカルコース、フリーコースを20km以上を滑走してもらいました。
コースのデータ収集もでき調査結果が楽しみです。


[写真]ストラクチャーテストの新田佳浩
(ストラクチャーテストの新田佳浩)


[写真]スプリントコースを滑走する新田佳浩
(スプリントコースを滑走する新田佳浩)


[写真]コースの映像撮りを行う
(コースの映像撮りを行う)


[写真]テストの結果順に並べる新田と嶋田コーチ
(テストの結果順に並べる新田と嶋田コーチ)


関連記事
ソチパラリンピックのコースを滑る
ソチ五輪・パラリンピックに向けて・・・
ソチ五輪・パラリンピックコースの調査へ

パラリンピック

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.