「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のバイアスロンショートで優勝した久保恒造選手と荒井監督のコメント

[ ここから本文 ]

2013年3月21日(木) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バイアスロンショートで優勝した久保恒造選手と荒井監督のコメント

2013年3月21日(木)  [日立ソリューションズスキー部]

IPC障害者ノルディックスキーワールドカップ第3戦5日目、バイアスロンショートで優勝した久保恒造選手と荒井監督のコメントです。
引き続き、応援よろしくお願いします!


▼久保 恒造
今シーズンはバイアスロンショートをメインに据えて戦ってきたが、「攻めのレース」を目標に意識してきたことで、勝利のカギが見えてきた。
走りの面では、本番に向けてテクニカル面を強化して、コース攻略に繋げていきたい。
また、ソチは標高が高いので、コンディション作りが非常に重要と感じたタフなレースだった。
今日は良いイメージを持てたレースだったが、今シーズン残り1戦、明日も本番に繋がるレースを展開していきたい。


▼荒井 秀樹 監督
ソチプレ大会のバイアスロン初戦で久保恒造が金メダルを獲得した。幸先の良いスタートを切り、チームに弾みが付いた。
今日のレースで久保恒造は、射撃タイムが2回共に20秒台と、安定した成果を見せている。
本人が重視している走力を更に身に付ければ、より安定した力を発揮することができるだろう。
来年の本番に向けて、夏場の持久系・スピード系のトレーニングをもっと重視していきたい。


男子立位の新田佳浩、佐藤圭一は射撃で奮闘し、それぞれ7位、9位と一桁の順位に入った。


女子立位の出来島桃子と太田渉子は善戦したが、苦しい展開だった。もう一度課題を整理し、明日のバイアスロン・ロングレースに積極的にチャレンジしていきたい。


明日はいよいよ今季最終戦のバイアスロン・ロングレース、チーム一丸となって死に物狂いで戦いたい。


(出典元:障害者クロスカントリースキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
【速報】久保恒造が優勝!ワールドカップ第3戦(プレパラリンピック)5日目
世界選手権を終えて

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.