1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の日本人初の快挙

[ ここから本文 ]

2017年3月11日(土) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

日本人初の快挙

2017年3月11日(土)  [荒井秀樹]

パラクロスカントリースキー長距離レース(フリー種目)で、日本人初のメダリストが誕生しました。
新発田市役所に勤める出来島桃子選手が見事3位に!大健闘です。
また、初参加の川除大輝選手も7位、日本人男子最高順位でした。
海外に多い人工雪に合ったスキー板があれば、より上位を狙えただけに残念でした。今後の対策が必要です。


[写真]ワールドカップ初参加 スタートラインの川除選手
(今シーズンのワールドカップ初参加 スタートラインの川除選手)


[写真]激走する川除大輝選手 初参加でトップ10入りする7位と大健闘
(激走する川除大輝選手 初参加でトップ10入りする7位と大健闘)


[写真]表彰式の出木島選手
(表彰式の出木島選手)


[写真]スタートする出来島選手
(スタートする出来島選手)


今日は、気温が上がり、雪質や雪温、湿度等の条件が徐々に変化していきました。
気象予報のウェザーニューズ社様のご支援で、これらの情報をいち早く提供していただいています。
スタッフ2名が現地で活躍しています。
ワックスコーチにとっては、頼もしいサポートになっていて、今までは、どちらかと言うと「勘」と「経験」で行われていたワックスも、数値化された予報とワックスのデータで裏付けが取れるようになりました。
レース後半に備え、スキーをレース途中でチェンジすることもできました。


[写真]スキーをチェンジする出来島選手
(スキーをチェンジする出来島選手)


[写真]最後の下り スタジアムへ
(最後の下り スタジアムへ)


[写真]インタビューを受ける出来島選手
(インタビューを受ける出来島選手)


クロスカントリースキーのロングレース、クラシカル種目では新田選手、井口選手(旧姓小林)などが活躍しましたが、このフリースケーティングでは、日本人初の快挙です。
寡黙に黙々と練習する出来島選手、フルタイムで働きながらの環境でよく頑張っています。
バイアスロン競技は、フリースケーティングで行われます。
ピョンチャン本番でバイアスロン長距離系で表彰台を狙う出来島選手にとっては、自信に繋がるレースとなりました。


「デッキー、おめでとう!!」


2016-2017 スキー部のシーズン予定と結果


▼ 関連記事
出来島選手と阿部選手、切磋琢磨して
【速報】クロスカントリー・ロングで川除大輝選手が7位
いよいよ開幕!IPC障害者ノルディックスキー ワールドカップ第3戦韓国大会

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.