1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の【速報】ワールドカップ札幌大会クロスカントリーで川除3位、新田4位!

[ ここから本文 ]

2019年3月17日(日) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

【速報】ワールドカップ札幌大会クロスカントリーで川除3位、新田4位!

2019年3月17日(日)  [アウローラ]

国際パラリンピック委員会ノルディックスキー(WPNS)主催の「CO・OP共済2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ 札幌大会」が3月12日に北海道の札幌で開幕し、大会最終日のクロスカントリースキー・ショート・クラシカルが行われました。


本大会は札幌で2回目となるワールドカップ開催となります。パラリンピック、世界選手権に次ぐこの国際大会には、世界13か国から強豪選手が集結し熱戦を繰り広げています。今年度ワールドカップの最終大会であり、年間チャンピオンが決まります。


本日の各レースの優勝者は、男子立位はマーク・アレンズ選手(カナダ)、視覚はブライアン・マッキーバー選手とガイドのグラハム・ニシカワ(カナダ)、座位はダニエル・クノッセン選手(アメリカ)です。
女子立はナタリー・ウィルキー選手(カナダ)、視覚はカリナ・エドリンガー選手とガイドのフロリアン・ルパート・ザイヴァルド(オーストリア)、座はオクサナ・マスターズ選手(アメリカ)です。


日本からは9選手が出場し、立位の川除大輝選手が3位で昨日に続き表彰台に登りました
また新田佳浩選手が4位、視覚の高村和人選手(岩手県立盛岡視覚支援学校教諭)とガイドの藤田佑平(早稲田大学大学院スポーツ科学研究)が6位に入賞しました。
男子座位の森宏明選手(明治大学)は9位、立位の岩本啓吾選手(東京美装興業)は11位。女子立位の阿部友里香選手は9位、出来島桃子選手(新発田市役所)が10位、岩本美歌選手(大沢野中学校)は12位でした。 


以下、各カテゴリーの1位~6位までの入賞者と日本人選手のリザルトです。


WPNS障害者ノルディックスキーワールドカップ:札幌大会最終日
■開催日/3月17日(日) ■スタート時間/午前10時00分
■開催地/北海道 札幌
■天候/やや雪  ■気温/2℃ ■雪温/-2℃
■開催種目/男女クロスカントリースキー・ショート・クラシカル
      男子立位・視覚・座位5km
      女子立位・視覚・座位2.5km


●競技会場:
西岡バイアスロン競技場(札幌市豊平区西岡)


●大会ウェブサイト、Facebook
http://japanteam.jp/wc2019/index.html
https://www.facebook.com/paranordicwcsapporo/


-----------------------------------
【男子】
-----------------------------------
▼立位の部
1位 マーク・アレンズ(カナダ) 
  13分53秒9
2位 ベンジャミン・ダビエ(フランス) 
  14分06秒1
3位 川除 大輝 14分12秒6 
4位 新田 佳浩 14分19秒3

5位 ウィトールド・スクピエン(ポーランド) 
  14分33秒5
6位 グレゴリ・ボブチンスキー(ウクライナ) 
  14分54秒0 


<日本人選手の順位>
11位 岩本 啓吾(東京美装興業) 
  16分34秒9 


▼視覚の部
1位 ブライアン・マッキーバー(カナダ)
   ガイド:グラハム・ニシカワ
  14分24秒7
2位 エイリク・バイ(ノルウェー)
   ガイド:オレ・マーティン・リド
  15分17秒8
3位 デミトロ・スアルコ(ウクライナ)
   ガイド:バジル・ポタペンコ
  15分37秒0
4位 ヤロスラフ・レシュチンスキー(ウクライナ)
   ガイド:K ヤレメンコ
  15分59秒5
5位 アンソニー・シャレンコン(フランス)
   ガイド:シモン・バルベルデ
  16分23秒1
6位 高村 和人(岩手県立盛岡視覚支援学校教諭)
   ガイド:藤田佑平(早稲田大学大学院スポーツ科学研究科)
  19分04秒2


▼座位の部
1位 ダニエル・クノッセン(アメリカ) 
  15分45秒1
2位 シン・ウィ・ヒュン(韓国) 
  16分25秒0
3位 タラス・ラド(ウクライナ) 
  16分33秒7 
4位 マクシム・ヤロヴィー(ウクライナ) 
  16分44秒4
5位 デレク・ザポチンスキー(カナダ) 
  17分07秒0
6位 バジル・クラフチュク(ウクライナ) 
  17分24秒3 


<日本人選手の順位>
9位 森 宏明(明治大学) 
  19分07秒5


-----------------------------------
【女子】
-----------------------------------
▼立位の部
1位 ナタリー・ウィルキー(カナダ) 
  8分31秒6
2位 ヴィルデ・ニールセン(ノルウェー) 
  8分32秒9
3位 エミリー・ヤング(カナダ) 
  8分47秒1 
4位 オレクサンドラ・コノノヴァ(ウクライナ) 
  8分57秒6
5位 リュドミラ・リアシェンコ(ウクライナ) 
  8分58秒5
6位 ブリトニー・フダック(カナダ) 
  9分02秒5 


<日本人選手の順位>
9位 阿部 友里香 9分40秒1
10位 出来島 桃子(新発田市役所) 
  9分59秒8
12位 岩本 美歌(大沢野中学校) 
  11分44秒1


▼視覚の部
1位 カリナ・エドリンガー(オーストリア)
   ガイド:フロリアン・ルパート・ザイヴァルド
  9分07秒6
2位 オクサナ・シュシコバ(ウクライナ)
   ガイド:ビラリー・カザコフ
  9分29秒7
3位 クララ・クルーグ(ドイツ)
   ガイド:マーティン・ハルト
  10分29秒4


▼座位の部
1位 オクサナ・マスターズ(アメリカ) 
  9分40秒6
2位 ケンダル・グレッシュ(アメリカ)
   9分49秒3
3位 ブリジット・スカシュタイン(ノルウェー)
   10分09秒0 
4位 アーニャ・ウィッカー(ドイツ)
   11分05秒0
5位 リー・ドヨン(韓国)
   12分10秒5


(出典元:パラノルディックスキー日本チーム ニュースリリース

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.