1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の新田選手銀メダル獲得 しっかり粘り4秒差で2位

[ ここから本文 ]

2008年1月21日(月) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田選手銀メダル獲得 しっかり粘り4秒差で2位

2008年1月21日(月)  [新田佳浩]

スキー技術では世界でもトップに入るといわれていましたが、海外選手のスピードとパワーに対抗することができず、ここ数シーズンは思うような結果を出すことができませんでした。


そこで今シーズンから海外の選手に対抗するためにスピードとパワーを身に付けるため、春先から積極的にウエイトトレーニングを行ってきていました。
その成果はシーズンが近づくにつれて、スキーの滑りでも力強さが生まれ、苦手としているスケーティングでも、一昨日8位と手ごたえのあるレースができました。


[写真]新田選手銀メダル獲得


今回のレースは10kmのクラシカルレースで、2.5kmを4周して争う形式でした。
得意としているクラシカルでは、いつも先行逃げ切りが自分の必勝パターンでしたが、今回は1kmを通過した時点でトップに約15秒と今まであまり経験したことのないレース展開。
いつもはここからズルズルと離されてしまっていましたが、今日のレースではしっかり粘ることができ、途中トップに立つことができました。
結果的には4秒差で2位という結果でしたが、これまでのトレーニングに自信を持つことができるレースでした。


[写真]ゴール手前の新田選手

明日のレースもしっかり滑りきることに心がけたいです。

クロスカントリースキーワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

内堀さん

コメントありがとうございます。旭岳で一人で頑張っている姿を見て、教えたことを今でも覚えていますよ。
こんなことを言ってしまうとずいぶん年を取ったように感じてしまいますが・・・
これからまたW杯が続きますので、これからも応援よろしくお願いします。

コメント

学習院大学でノルディックをしていた者です。
オレンジの派手なオーバージャージが目印です。北海道旭岳ではコースでお世話になりました。1度飲み会に来ていただいたこともありましたね!
今回のご活躍を知り、思わず投稿させていただきました。
私たちのようなノルディック初心者に対しても、熱意を持って丁寧に指導してくださった新田さんの優しい力強い姿が思い出されます。
これからも新田さんらしく前向きに明るくがんばってください。

コメント

おめでとう!!
僕は君がトリノで流した
涙を忘れない。

誰にも言えないこと
言いたくても言えなかったこともあった思う。

結果が出て本当によかったね。

心から祝福するよ。

そして、君を支えてくれた
すべての人へ「感謝」の
気持ちを忘れずにね。

レースは続く。
驕ることなくことなく
前を向いて胸を張って
進んでほしい。

帰国したら、また、話を
聞かせてくださいね。

くれぐれも体に気をつけて!!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.