1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のテクニックを身体で覚えること

[ ここから本文 ]

2008年8月21日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

テクニックを身体で覚えること

2008年8月21日(木)  [荒井秀樹]

この夏の期間にスキーテクニックを見直し、身体に覚えこませることが、この後のトレーニングに大変有効で、
パラリンピックのメダル、世界ランキングチャンピオンなどの成果を上げてきた井口深雪選手や太田渉子選手の結果をみれば、一目瞭然だ。


ここニュージーランドの天候も安定し、晴れの日が続いている。
シットスキーの久保選手は、中央大学の鉢蝋(はちろう)選手に引っ張ってもらい、150分走を行っている。
車椅子マラソン時代は、90分以上の持久走の経験はあまりなく、
久保は、「身体がガチガチです・・・」と嬉しい悲鳴を上げた。
「でも長田さんは、全然筋肉痛などないと聞いて、早く僕もそうなりたいです!」
上半身へのストレスや筋肉痛。それを乗り越えようと久保も必死だ。


[写真]延々と続登りを行く


新田選手は新しいシューズとビンディングもテストし、
自分の能力や技術を発揮できるものへと挑戦している。
やっといい感触を得たようだ。


持久走の最後は、長い登りをトップスピードでのインターバルを入れている。
一つ一つのテクニックを再確認しながら、身体で記憶し、イメージしていくトレーニングは、本当に欠かせない。


[写真]スピード練習


北京オリンピックで熱戦を繰り広げる選手たち。
彼らも、日々、黙々とトレーニングをしてきたにちがいない。


ニュージー合宿も後半戦。
オリンピック、パラリンピックをめざす選手たちの心は、
万国共通なのだと確信した。

監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

ノルディック命さん
いつも応援ありがとうございます!
道産子の久保恒造選手も、しっかりとトレーニングに励んでいます。
カナダチームの監督やコーチからも「KOZOはいい選手になるぞ!」と、
まじめに取り組む姿勢は折り紙つきです。美幌での高校野球や車椅子マラソンで培った精神力のおかげでしょう。
旭川でお会いする時には、もっと逞しくなったKOZO選手を期待してください。
これからもご声援お願いします!

コメント

NZでの合宿、天候に左右されず、良い練習が出来ているようでよかったですね!
北京では戦いの終盤になり結果が出せた選手もそうでない選手たちもいますが見ていて本当に気持ちがいいですね。シーズンまですぐですね。怪我のない様に気をつけてください。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.