1. ホーム の中の
  2. 特集 アスリートNITTAの健康ダイエット講座
  3. の中の【第1回】脂肪を燃やそう!脂肪のつきにくい体を作るストレッチ

[ ここから本文 ]

2008年10月10日(金) [特集 健康ダイエット講座]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
2008年10月10日(金)  [特集 健康ダイエット講座]

特集 アスリートNITTAの健康ダイエット講座 部分的に引き締める、1分間エクササイズ

【第1回】 脂肪を燃やそう!
      脂肪のつきにくい体を作るストレッチ
健康ダイエット講座 新田佳浩イラスト

以前、"新田流ダイエットの基礎知識"として、健康的に痩せるための基礎知識を紹介しましたが、今回は、体の気になる部分を"部分的に引き締める、1分間エクササイズ"を紹介したいと思います。

まずは、エクササイズに入る前に「代謝」を高めるためのストレッチを行って、脂肪が燃焼しやすく、脂肪のつきにくい体をつくりましょう。それぞれ1分間で手軽にできるメニューを紹介していきます。

1 全身のストレッチ
[写真]上体を伸ばす

両手を頭の上にして「うー」といいながら上体を伸ばしましょう。5秒伸ばしたら力を抜きます。3~4回繰り返しましょう。

2 腰のストレッチ
[写真]曲げた右足を左側に倒す

あお向けになり、右足を曲げ左側に倒します。無理せずにゆっくりと行いましょう。膝の位置を変えることにより、ストレッチの場所と強さが変わります。左右交互に行い、次第に秒数を伸ばします。10秒~30秒。

3 肩甲骨のストレッチ

[写真]背中を丸め腕を前に

[写真]腕を引く

背中を丸めて腕を前に持ってきます。5秒ほど伸ばしたら、背中の後ろを引き締めるように腕を引きます。

4~5回繰り返しましょう。

4 腕のストレッチ
[写真]ひじを持って、腕のストレッチ

片方のひじをもう片方の手で持って伸ばします。10秒ほど伸ばしたら、力を抜いて元の位置に戻します。反対側も同じように行います。左右3回くらい行いましょう。

5 太ももの前側のストレッチ
[写真]かかとをお尻に近づける

左手を壁につき、右手でかかとをお尻に近づけるように引き上げます。腰を反らさないように注意。反対側も同様に。

6 アキレス腱とふくらはぎのストレッチ
[写真]足を前後に開いて後ろ足を伸ばす
[写真]アキレス腱をストレッチ

[写真]かかとは床につけるかかとがうかないように足を前後に開いて壁などによりかかりながら、前足のひざをゆっくり曲げ、後ろ足を伸ばします。

反対側も同様に行います。このときひざをまっすぐ伸ばすとふくらはぎ、曲げるとアキレス腱がストレッチされます。

Next 次回予告

さて、いよいよ次回は、ポッコリお腹を引き締めるエクササイズを紹介します。今回の「代謝」を高めるストレッチをエクササイズ前に行って脂肪を燃やしましょう。

特集 アスリートNITTAの健康ダイエット講座 バックナンバーはこちら

特集 アスリートNITTAの健康ダイエット講座

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.