1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中のヨーロッパのトレーニング環境

[ ここから本文 ]

2009年10月28日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ヨーロッパのトレーニング環境

2009年10月28日(水)  [荒井秀樹]

ここラムサウに、パラリンピック選手も多数トレーニングに来る。
ヨーロッパは、陸続きなので自動車を利用すれば、毎週末にスキーが年中できるということだ。
この環境が、ヨーロッパの強さの理由だ。
クロカンもアルペンも、ちびっこのジュニアからシニアまで。
スキーに汗を流し、自然を満喫している。


[写真]ゴンドラ駅
(左上の山頂にゴンドラ駅が見える)


[写真]クロカンコース
(山頂から右側にあるクロカンコース)


この日の新田佳浩は、クラシカル走法のトレーニング。
ビデオを撮りながらフォームを確認し、走り込みを行った。
2時間走といっても、登りやカーブで歩いたり、すぐ止まったりする選手や、
なにを課題にして走っているか分からない選手もいる。
身に覚えのある選手にとっては、耳の痛い話だが、
なにも考えずに走っても、時間の無駄使いで意味がない。


[写真]トレーニング中の新田佳浩選手
(膝の動きを確認しながら走り込む)


ヨーロッパの羨ましい環境。
でも、大切なことは選手自身の取り組む姿勢が一番大事で、
当たり前だけど、
あらためて教えてくれた今日の練習だった。


トレーニング環境関連記事
バリアフリーとトレーニング


ラムサウ関連記事
氷河のスキーにバイアスロンの射撃、 そしてドイツ語
もうすぐ僕たちの舞台”冬”がやってくる
ラムサウの氷河で・・・

クロスカントリースキー合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

舟山さん
コメントありがとうございます。
旭川は、もうだいぶ寒くなりましたか?
こちらでは、新田選手が頑張ってトレーニングに励んでいますよ。
この合宿後は、フィンランドでバイアスロン合宿、
旭岳合宿、そして12月にワールドカップ第1戦へと遠征します。
旭川からのたくさんの応援、いつもありがとうございます!!

コメント

世界中の雪を求めて各地でトレーニングをしている様子をいつも ブログで拝見しています。オリンピックに向けて並々ならぬ決意が伝わってきます。監督は「アゲンストの人」だけど、その闘志は内に秘めていて表面は柔らかくて温かい。
それが荒井監督の魅力の1つでしょう。監督の指導のもと、選手の皆さんも頑張って下さい。監督はもう若くないので、くれぐれも無理しすぎないように頑張って下さい。と言っても無理するんだろうけど・・・・。
旭川からの応援メールでした。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.