1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のIPCノルディックスキーワールドカップ第1戦ノルウェー大会 第3日結果

[ ここから本文 ]

2009年12月20日(日) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦ノルウェー大会 第3日結果

2009年12月20日(日)  [日立ソリューションズスキー部]

IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦ノルウェー大会 第3日
<男女バイアスロン・パシュート>
男子座位の久保恒造が5位


国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第1戦が、12月16日(水)からノルウェー・シューショーエンで開催され、大会3日目の男女バイアスロン・パシュートが行われました。
日本からは6選手が出場し、男子で久保恒造が5位に入りました。


日本選手の成績と各種目優勝者は以下のとおりです。


【IPCノルディックスキーワールドカップ第1戦:ノルウェー大会第3日】
■開催日/12月19日(土) 
■スタート時間/午前10時45分 
■時差/日本より-8時間
■開催地/ノルウェー・シューショーエン 
■天候/雪 気温/-17℃ 雪温/-16℃
■開催種目/男女バイアスロン・パシュート
■競技方式/予選なしの1ラウンドのみで競う。射撃は1回5発を2回行う。
※ペナルティー:1発外すごとに80mのペナルティーループを回る。
記録内Pはペナルティー(射撃で外した数)
( )は内訳 例)P=1(0/1)=ペナルティー1。1回目は満射(失敗なし)、2回目は1発外し。


■男子
▼座位の部 3km(1km×3周)
久保恒造 5位 P=3(2/1) 16分35秒1 
[優勝:ソール・アンドリュー(アメリカ) P=1(1/0)  15分53秒6]


▼立位の部 3.6km(1.2km×3周)
新田佳浩 11位 P=3(2/1) 14分22秒2
佐藤圭一(中電CTI) 17位 P=6(2/4) 15分45秒6
[優勝:ジエセン・ジョセフ(ドイツ) P=0(0/0) 12分41秒2]


■女子
▼立位の部 3.6km(1.2km×3周)
太田渉子 7位 P=10(5/5) 19分8秒3
出来島桃子(新発田市役所) 8位 P=7(5/2)  19分20秒8
[優勝:ブルミストロバ・アンナ(ロシア) P=4(2/2) 15分29秒0]


▼視覚障害の部 3.6km(1.2km×3周)
鹿沼由理恵(DHLジャパン) 射撃ルール抵触により失格
<ガイド>大平紀夫(八戸第一養護学校教)
[優勝:ベンテレ・ベレーナ(ドイツ) P=0(0/0) 13分31秒3]


■監督・選手の談話
▼荒井秀樹
射撃、走力ともに課題を残すレースだった。各国とも天候の影響で命中率を下げていたが、そうした条件でも、強い選手はしっかり上位に入っている。ライフル銃の管理を含めて、バンクーバーに向けて、対策を万全にしていきたい。


▼久保恒造選手
目標であった6位以内に入れた事は非常に良かった。先シーズンもパシュートで5位が最高位だったが、その時の3位の選手とは大差があった。しかしながら、今回は3位と6秒差まで詰める事ができた。バンクーバー本大会に出場する各国ライバルとのレースの
中で、手応えを感じるレースだった。


▼新田佳浩選手
今季初戦ということで、最初は上手くレースの流れに乗り切れなかったが、海外選手と競う中で、各国ライバルとの力量を図る事が出来たのは良かった。また、射撃タイムはトレーニングの成果が表れたのは収穫だった。ラストの3周目にスピードが落ちてしまったのは、バンクーバーへの課題として、次の合宿に備えたい。


ノルウェー大会手関連記事
ノルウェー大会 第2日結果
ノルウェー大会 第1日結果
ワールドカップ初戦に向けて

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.