1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の海外選手の強さ

[ ここから本文 ]

2009年12月18日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

海外選手の強さ

2009年12月18日(金)  [荒井秀樹]

北欧のレースは、寒さ対策も必要だ。
今日のレースは、快晴。寒さも一段と厳しかった。
太田渉子も7位と精彩がなく、走れていない。
内容も悪く、タイム差、身体の動きも悪い。


[写真]タイマーを動かして、選手を待つ荒井監督
(タイマーを動かして、選手を待つ)


持ち味の切れのあるスケーティングをイメージして、
後半戦を戦ってほしい。
バイアスロンは、
各国とも射撃のレベルが向上し、
より僅差の戦いとなっている。
だからこそ、スケーティングの走力が勝敗を決める。


[写真]風の強い日、自然の凄さがわかる
(風の強い日、自然の凄さがわかる)


[写真]持ってきた水が凍っていく
(持ってきた水が凍っていく)


そんな中、なぜロシアは強いのかが、よく分かる。
シットスキーの新人が、指が凍り動かなくなった。
汗で濡れて、凍った手袋を交換し、コーチの手袋をつけている。
最後まで、あきらめないで走って行った。


[写真]指が凍って、動かなくなったロシアの選手
(指が凍って、動かなくなったロシアの選手)


両腕に障害のあるロシアのコンスタンチン選手は、
な・な・・なんと、
手袋をせずに走っている。
出身のシベリアの極限の寒さを知っているから、
これくらいの寒さは、寒いうちには入らないのだろう。
凄い奴だ。


[写真]手袋をしていないロシアの選手
(ロシアの選手、手袋をしていない)


彼らは、今、代表の座を争う真っ最中。
選手50人近くが参戦し、競っている。
そんな生き残りの戦いをしている選手と、
今の日本選手の気合いを比べたら、
もう、その時点で負けているとしか、言いようがない。


「根性だけでも負けないぞ」という気迫が必要だ。
ノルウェー大会の後半戦、バイアスロン2レース。
日本選手のガッツある巻き返しに期待したい。


ノルウェー大会関連記事
厳寒のノルウェー大会
ノルウェー大会 第2日結果
ノルウェー大会 第1日結果

クロスカントリースキーワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

Anonymousさん
今日、公式練習日、宿舎前で-20℃でした。
山のコースでは、-25℃・・・
地球の自然のすごさを体感しています。
明日から後半戦。
応援をお願いしますね!

コメント

寒そうですね(´_`。)
これからも頑張って下さい☆

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.