1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ニュース
  4. の中の14年前の金メダルの原石

[ ここから本文 ]

2010年4月 8日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

14年前の金メダルの原石

2010年4月 8日(木)  [荒井秀樹]

8日、TBSの「朝ズバッ」で新田佳浩のおじいちゃんに金メダル報告のニュースがあった。


僕が、新田佳浩のおじいちゃんに初めて会ったのは、
今から14年前の1996年5月のことだった。
岡山県西粟倉村。
全国中学校スキー大会に片腕の中学生が出場していたと聞き、
やっとの思いで探し当て、西粟倉村まで行った。
パラリンピックにスカウトに行ったのだ。


当時15歳だった新田佳浩の目を見て、
そして家族に会って、
僕は、金メダルの原石を見つけた思いだった。


新田、本当におめでとう!
そして、「おじいちゃん、よかったですね。」


関連記事
はじめまして、新田 佳浩です。
「奇跡体験!アンビリバボー」放映、感謝の気持ち
忘れてはいけない言葉

ニュースパラリンピック監督日記障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

F2-Sさん
トーレス理花さん
返事が遅くなりました。ごめんなさい。
パラリンピック選手の活躍で、
小中学生から、クロカンを始めてみたいとメールをいただいています。うれしいです。
多くの方に、クロカンをぜひ楽しんでいただければと思います。

コメント

監督に先見の目があったのですね〜。
新田くんがすでに光っていたのでしょうね。

おじいちゃまの喜ぶお顔を拝見したかった〜。

監督はこれからも良い人材発掘を続けられるのでしょうね。
また原石が見つかりますように!

コメント

荒井監督、ほんとうに "おめでとうございます"
バンクーバーパラリンピックは、貴方の苦労と努力が報われた瞬間ですね。 只これで終わった訳ではないので微力ですが一緒に頑張らせて下さい。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.