1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のバイアスロンのタイムトライアル

[ ここから本文 ]

2013年11月25日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バイアスロンのタイムトライアル

2013年11月25日(月)  [荒井秀樹]

フィンランド合宿中、女子チームは数回のタイムトライアルを行った。
ソチパラリンピック日本代表内定の立位女子選手は3人。
太田渉子選手、阿部友里香選手と新発田市役所に勤めながら頑張る出来島桃子選手だ。


ちょうど同じ日に、ロシアチームもバイアスロンのタイムトライアルを行っていて、アンナ選手の走りを見ることができた。
バンクーバーが終了して出産、一児のママになって昨シーズンから本格的に競技に復帰し、持久系のスポーツにしては重い感じがしたアンナ選手だったが、今シーズンはすっかり別人のように身体を絞ってきた。
ここボッカティでのトレーニングでも、テクニックより大きい身体の特徴を生かしたパワフルな走りをみせている。
ロシア地元開催だけに要注意だが、スタンディング女子の勢力は、ロシアのアンナ、ウクライナのアレキサンドラ、ユリヤ、イリーナ、スウェーデンのヘレーネが5強。
ここに太田、出来島、ベラルーシーのラリーサ、フィンランドのマイヤ、阿部友里香らが続いている。


日本の女子チーム、今シーズンの力関係が12月のワールドカップで分かると思うが、フィンランド合宿において、積極的にトレーニングが積まれている。
パラリンピックチームの専属トレーナーで中央大学スキー部OBの白戸篤志氏が選手個々にアドバイス。
ビデオを見ながら分かり易く解説してくれている。
上手な身体の使い方を学び、更なる飛躍を!
バイアスロンも走力がなければ勝てない時代だ。
がんばれ、ジャパン女子チーム!


[写真]アンナ選手(ロシア)のスケーティング
(アンナ選手(ロシア)のスケーティング)


[写真]太田渉子のスケーティング
(太田渉子のスケーティング)


[写真]阿部友里香のスケーティング
(阿部友里香のスケーティング)


[写真]下半身のエクササイズを行う太田渉子と阿部友里香
(課題は下半身の強化、エクササイズ)


関連記事
クロスカントリースキーの雪上トレーニング[関連記事まとめ]
ボッカティでタイムレース
バイアスロンとは?
スプリントレース

バイアスロンパラリンピック監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.