1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の【速報】クロスカントリー・ロングで川除大輝選手が7位

[ ここから本文 ]

2017年3月11日(土) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

【速報】クロスカントリー・ロングで川除大輝選手が7位

2017年3月11日(土)  [アウローラ]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ(W杯)第3戦が3月10日に韓国のピョンチャンで開幕し、大会2日目の男女クロスカントリー・ロング・フリーが行われました。本大会は来年開催されるピョンチャンパラリンピックのプレ大会となります。


本日のクロスカントリー・ロング・フリーには日本からは4選手が出場し、女子立位の出来島桃子選手(新発田市役所)が銅メダルを獲得しました。
男子立位、ワールドカップ初出場の川除大輝選手が7位に入りました。また佐藤圭一選手(エイベックス・グループ・ホールディングス)が10位、星澤克選手(立命館慶祥高等学校)は16位でした。


日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。


IPCノルディックスキーワールドカップ第3戦:
 ピョンチャン大会2日目

-----------------------------------
■開催日/3月11日(土)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/なし  ■開催地/韓国 ピョンチャン
■天候/晴れ  ■気温/8℃  ■雪温/1.5℃


■開催種目/男女クロスカントリー・ロング・フリー
 立位男子20km 立位女子15km
-----------------------------------


【男子】
▼立位の部
川除大輝 7位 1時間02分58秒8
佐藤圭一(エイベックス・グループ・ホールディングス)
 10位 1時間05分19秒6
星澤克(立命館慶祥高等学校)
 16位 1時間13分54秒7
[優勝:ベンジャミン・ダビエ(フランス) 56分35秒8]


【女子】
▼立位の部
出来島桃子(新発田市役所) 3位 57分34秒4
[優勝:オレクサンドラ・コノノワ(ウクライナ)
 55分29秒2]


【コーチコメント】
▼長濱一年コーチ
平昌大会2日目はクロスカントリーロングフリー競技が行われ、女子15km立位の部に出来島選手、男子20km立位の部に川除・佐藤・星澤選手が出場した。
快晴で気温が9Cまで上昇し雪解けが進む中でのタフなレースとなったが、出来島選手が粘りある滑りとメダル獲得に拘るレース展開を繰り広げ見事3位となり銅メダルを獲得した。レース途中の重要な給水やスキーチェンジのタイミングなどスタッフによるサポートもあり自信を持ってレースに集中できたことがメダル獲得に繋がったと思う。
また、今季ワールドカップ初参戦となったジュニアの川除選手も前半から物怖じしない積極的なレース展開を繰り広げ7位と予想以上の大健闘を見せてくれた。
佐藤選手と星澤選手もレース中盤に順位を上げ巻き返すレース展開を見せてくれたが佐藤選手が10位、星澤選手が16位の結果に終わった。
厳しい条件下でのレースとなったが出場選手の全てが最後まで諦めない姿勢を見せてくれ高く評価できる内容であった。次のレースでは更に上をめざし引き続きチーム一丸となって頑張って行きたい


(出典元:パラノルディックスキー日本チーム ニュースリリース


関連記事
バイアスロン スプリントで4位に入賞した阿部友里香選手のコメント
いよいよ開幕!IPC障害者ノルディックスキー ワールドカップ第3戦韓国大会
ワールドカップ第3戦韓国大会を前に、新田選手、阿部選手、川除選手、長濱コーチのコメントが届きました
ワールドカップとは

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.