※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. 合宿日記
  4. の中のトレーニングの成果を感じ、充実した網走合宿

[ ここから本文 ]

2012年6月28日(木) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

トレーニングの成果を感じ、充実した網走合宿

2012年6月28日(木)  [新田佳浩]

約1週間の網走合宿は、網走市スポーツ課の皆さん、そして網走射撃協会の荒井会長のおかげで充実したトレーニングができました。

本当にありがとうございました。

射撃トレーニングでは、基本射撃が中心。

レースでは速く正確に射撃をすることが求められるため、撃ち方が雑になってしまいます。

今回、射撃の精度を確認するため、試合よりも小さいサイズでトレーニングを行いました。

[写真]3つのサイズの的
(3つのサイズの的)

写真は左から10mm、11mm、15mmの的。

私の場合は標的のサイズが15mmなので、射撃タイム(射座に入ってから打ち終わるまでのタイム)が20秒前後でそこそこの命中率ですが、10mmではそのようにはいきません。

的が小さくなればなるほど重要なのは、銃口を安定させることです。

そのために毎回同じ姿勢になるように反復してトレーニングを行います。

最初は着弾を確認するために、紙的で確認。

紙的での着弾を確認しつつセンターに弾を集めていく。

的のサイズを変えやすいように、ターゲットのカバーを外せばサイズを変えることができます。

[写真]ターゲットの裏側
(ターゲットの裏側)

10mmでの命中率は、86%。

まだまだです。

ローラースキーでは、小清水役場から上りの22kmも今回から新しいトレーニング場所になりました。

[写真]ゴール後の新田佳浩
(ゴール後)

22kmの登りを3回チャレンジしたのですが、2回のゴール付近はこのような状況でした。

3回目は晴天だったので屈斜路湖、摩周湖を見ることができたのですが、カメラを忘れてしまいました・・・

この網走合宿では、今までトレーニングをやってきたことの成果を感じることができたのは非常に良かったですが、射撃はまだまだ課題だらけです。

来週からは単身カナダ合宿。

とにかく今できることを頑張りたいと思います。

ソチパラリンピックまで617日。

自分ならできる。

関連記事10ミリの的で自信をつけていく。網走射撃合宿今シーズン初のバイアスロン合宿大空町を走るバイアスロンの成果と課題網走に日本初のパラリンピックバイアスロン射撃場が

トレーニングバイアスロン合宿日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.