※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の【速報】ワールドカップ札幌大会2日目バイアスロン・スプリントの結果

[ ここから本文 ]

2019年3月14日(木) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

【速報】ワールドカップ札幌大会2日目バイアスロン・スプリントの結果

2019年3月14日(木)  [アウローラ]

国際パラリンピック委員会ノルディックスキー(WPNS)主催の「CO・OP共済2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ 札幌大会」が3月12日に北海道の札幌で開幕し、大会2日目のバイアスロン・スプリントが行われました。


本大会は札幌で2回目となるワールドカップ開催となります。パラリンピック、世界選手権に次ぐこの国際大会には、世界13か国から強豪選手が集結し熱戦を繰り広げています。今年度ワールドカップの最終大会であり、年間チャンピオンが決まります。


本日は昨日とはうって変わった晴天の中競技が繰り広げられました。昨日の午後にかなりの降雪があり、雪面もより滑走しやすい状態でした。しかし不安定な風が吹き、射撃面での難しさが見られたレースでした。


各レースの優勝者は、男子立位はベンジャミン・ダビエ選手(フランス)、視覚アンソニー・シャレンコン選手、ガイドのシモン・バルベルデ(フランス)、座位はタラス・ラド(ウクライナ)選手です。
女子立位はオレクサンドラ・コノノヴァ選手(ウクライナ)、視覚クララ・クルーグ選手、ガイドのマーティン・ハルト(ドイツ)、座位はケンダル・グレッシュ選手(アメリカ)です。


日本からは3選手が出場し、チームアウローラの阿部友里香選手は9位、佐藤圭一選手(エイベックス)が5位入賞、出来島桃子選手(新発田市役所)は8位でした。


以下、各カテゴリーの1位~6位までの入賞者と日本人選手のリザルトです。


WPNS障害者ノルディックスキーワールドカップ:札幌大会2日目
■開催日/3月14日(木)
■スタート時間/午前10時00分
■開催地/北海道 札幌
■天候/晴れ 
■気温/5℃ ■雪温/-1℃
■開催種目/男女バイアスロン・ミドル
      男子立位・視覚・座位7.5km
      女子立位・視覚・座位6km


●競技会場:
西岡バイアスロン競技場(札幌市豊平区西岡)


●大会ウェブサイト、Facebook
http://japanteam.jp/wc2019/index.html
https://www.facebook.com/paranordicwcsapporo/
-----------------------------------


-----------------------------------
【男子】
-----------------------------------
▼立位の部
1位 ベンジャミン・ダビエ(フランス) 
  18分16秒0 P=0
2位 ニルス・エリック・ウルセ(ノルウェー) 
  18分23秒5 P=0
3位 マーク・アレンズ(カナダ) 
  18分25秒6 P=0
4位 グレゴリ・ボブチンスキー(ウクライナ) 
  19分34秒3 P=2(1+1)
5位 佐藤 圭一(エイベックス) 
  20分57秒5 P=2(0+2)
6位 サーヒル・ロマニュク(ウクライナ) 
  21分01秒6 P=3(2+1)


▼視覚の部
1位 アンソニー・シャレンコン(フランス) 
   ガイド:シモン・バルベルデ
  20分06秒9 P=0
2位 ヤロスラフ・レシュチンスキー(ウクライナ) 
   ガイド:コスティアンティン・ヤレメンコ
  20分42秒3 P=2(2+0)
3位 アナトリ・コバレフスキー(ウクライナ) 
   ガイド:オレクサンダー・ムクシン
  21分03秒4 P=2(1+1)
4位 デミトロ・スアルコ(ウクライナ) 
   ガイド:バジル・ポタペンコ
  21分08秒1 P=2(0+2))
5位 ビタリー・ルカネンコ(ウクライナ) 
   ガイド:ボリス・バーバー
  21分45秒8 P=0
6位 オレクサンダー・マクホトキン(ウクライナ) 
   ガイド:デニス・ニクラン
  23分41秒9 P=5(3+2)


▼座位の部
1位 タラス・ラド(ウクライナ) 
  22分51秒9 P=0
2位 シン・ウィ・ヒュン(韓国) 
  23分12秒7 P=0
3位 ダニエル・クノッセン(アメリカ) 
  24分20秒3 P=3(1+2)
4位 マクシム・ヤロヴィー(ウクライナ) 
  24分26秒0 P=3(1+2)
5位 バジル・クラフチュク(ウクライナ) 
  24分44秒9 P=2(0+2)
6位 デレク・ザポチンスキー(カナダ) 
  25分26秒2 P=3(0+3)


-----------------------------------
【女子】
-----------------------------------
▼立位の部
1位 オレクサンドラ・コノノヴァ(ウクライナ) 
  17分40秒1 P=0
2位 エミリー・ヤング(カナダ) 
  18分32秒7 P=0
3位 ボーダナ・コナシュク(ウクライナ)) 
  19分18秒0 P=1(0+1)
4位 ブリトニー・フダック(カナダ) 
  19分20秒2 P=0
5位 イリナ・ブイ(ウクライナ) 
  19分35秒2 P=1(0+1)
6位 リュドミラ・リアシェンコ(ウクライナ) 
  19分52秒8 P=4(3+1)

<日本人選手の順位>
8位 出来島 桃子(新発田市役所) 
  22分11秒8 P=4(2+2)
9位 阿部 友里香
  22分25秒3 P=4(0+4)


▼視覚の部
1位 クララ・クルーグ(ドイツ) 
   ガイド:マーティン・ハルト
  20分45秒4 P=0
2位 オクサナ・シュシコバ(ウクライナ) 
   ガイド:ガイド:ビラリー・カザコフ
  21分34秒3 P=4(2+2)


▼座位の部
1位 ケンダル・グレッシュ(アメリカ) 
  21分44秒4 P=0
2位 オクサナ・マスターズ(アメリカ) 
  22分38秒8 P=3(1+2)
3位 アーニャ・ウィッカー(ドイツ) 
  24分48秒8 P=1(1+0)
4位 リー・ドヨン(韓国) 
  28分13秒1 P=3(3+0)


(出典元:パラノルディックスキー日本チーム ニュースリリース

バイアスロンワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.