※検索できない場合は、トップページから検索してください。

「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

 

  1. ホーム の中の
  2. チームAURORA(アウローラ)の活動
  3. ワールドカップ
  4. の中の【速報】ワールドカップ クロスカントリー・ショート・クラシカルで川除大輝が4位!

[ ここから本文 ]

2021年12月 5日(日) [アウローラ]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

【速報】ワールドカップ クロスカントリー・ショート・クラシカルで川除大輝が4位!

2021年12月 5日(日)  [アウローラ]

世界パラノルディックスキー(WPNS)主催のワールドカップ(W杯)第1戦が12月3日にカナダのキャンモアで開幕し、大会1日目の男女クロスカントリー・ショート・クラシカルが行われました。
日本からは10名の選手が出場し、川除大輝選手が4位、新田佳浩選手が8位、女子立位の阿部友里香選手は8位でした。
日本選手の成績と各種目優勝者は以下の通りとなります。

WPNSパラノルディックスキーワールドカップ第1戦:カナダ大会1日目
■開催日/12月4日(土)
■スタート時間/午前10時00分
■時差/16時間 ■開催地/カナダ キャンモア
■天候/やや曇り ■気温/-10℃  ■雪温/0℃
■開催種目/
 男女クロスカントリー・ショート・クラシカル
 男子立位・視覚7.5km、座位5km、女子立位5km
-----------------------------------

▼男子 立位の部
川除大輝 4位 19分55秒3
新田佳浩 8位 20分56秒4
岩本啓吾(土屋ホーム)13位 22分43秒7
[優勝:ウラジスラフ・レコンセヴ(ロシア)18分43秒7 ]

▼女子 立位の部
阿部友里香 8位 17分59秒8
出来島桃子(新発田市役所) 10位 19分30秒5
岩本美歌(北海道エネルギーJrパラスキーチーム/雄山高校) 12位 22分45秒4
[優勝:ナタリー・ウィルキー(カナダ)14分59秒5
   ブリトニー・フダック(カナダ)14分59秒5]

▼男子 座位の部
源 貴晴(アムジェン/HOKKAIDO ADAPTIVE SPORTS) 17位 15分52秒7
森 宏明(朝日新聞社) 18位 16分00秒7
柴田 真聖(土屋ホーム) 24位 17分01秒3
[優勝:ロメレ・ジュゼッペ(イタリア)13分01秒3]

▼男子 視覚
有安 諒平(東急イーライフデザイン/杏林大学)
藤田 佑平ガイド(スポーツフィールド)
       15位 24分35秒1
[優勝:ブライアン・マッキーバー(カナダ)18分54秒2]

■談話
▼川除大輝 選手
初戦とても寒い中でのレースとなりましたが、今までのトレーニングの成果を確かめるレースになりました。
しかし、後半失速してしまい、まだまだ改善できる所があると感じました。
さらにレベルアップできるように明日も頑張ります。
本日のレース応援ありがとうございました。

▼長濱一年 クロスカントリースキーチーフコーチ
本日ワールドカップ第1戦カナダ大会初戦クロスカントリーショート競技に日本は男子立位の部7.5kmに3名、女子立位の部5kmに3名、男子視覚の部7.5kmに1名、男子座位の部5kmに3名を出場させレースに挑んだ。
日本勢最高順位は男子立位の部クラシカル競技7.5kmに出場した川除の4位であった。まだシーズンを迎え間もない中で調整し臨んだレースであったが十分な手応えを感じ取れる内容であり評価をしている。また、エースの新田も8位と上位とタイム差ない滑りを見せ今後につながる内容であった。
このカナダ大会は北京大会に向けた現時点での世界ランク確認と戦略を考える大会と位置づけ挑んでいる。よい流れを掴み明日からもチーム一丸となりレースに臨み頑張りたい。

(出典元:パラノルディックスキー日本チーム ニュースリリース

関連記事
ワールドカップ第1戦カナダ大会を前に、新田、阿部、川除選手、長濱監督のコメントが届きました
いよいよワールドカップ開幕を迎えます

クロスカントリースキーワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.