1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の午後の練習、外は真っ暗。そして渉子に思う

[ ここから本文 ]

2008年12月12日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

午後の練習、外は真っ暗。そして渉子に思う

2008年12月12日(金)  [荒井秀樹]

太陽が、顔を出さないフィンランドの冬。
オーロラを観るために訪れる観光客やトレーニングに汗を流すスキー選手にとっては、
この暗さも一時的なものだからあきらめがつく。
でも、ここに住むとなると、話は別だ。


午後の練習は、どうしても気が重いし、やる気が半減してしまうようだ。
そんなことを考えると、
ここに留学して3年目の太田渉子は本当によく頑張っていると感心する。
山形のお父さんは、
「うちの娘は、ノホホ~ン娘で・・」と笑う。


でも、15歳で単身一人で渡り、日本人もいないし、日本語をしゃべれる人もいない。
ホームスティ先もなく、寮に住み、
話せないフィンランド語や英語の中で、
自炊から学校の授業、身の回りのこと、そしてトレーニングと、すべて一人でこなしてきた。


何回かホームシックや精神的に落ち込んだという。
でも、「目標は、バンクーバーだから」と話す渉子。
それを聞いた長田や久保、そして新田。
「おれたちも、頑張らないと」と心に誓ったに違いない。


[写真]スキーで滑っている選手
(スキーで負荷をかけてからの初弾撃ち練習)


その日の午後の練習。
やはり外は、まだ2時なのに真っ暗。
ロシアチームのメタルターゲットを借りて、
初弾撃ちの練習をした。
心拍を160以上にして、
新田は12秒。
久保は15秒。
長田は20秒。
タイムを決めて、初弾を撃っていく練習だ。
長田はどうしても障害が重いし、時間がかかってしまう。
これから、どんどんタイムを短くしていく。


[写真]新田選手
(新田選手の伏せ撃ち姿勢)


[写真]ロシアのメタルターゲット
(ロシアのメタルターゲットを借りる)


そして、エアライフルに弾をこめる作業がある。
5連発の弾倉に4.5mmのAR弾を素手で、
器用に指先を使いながら弾を入れていく。

この作業は、監督やコーチの役目だ。
寒さで指先の感覚がなくなっていく。


[写真]エアライフルの弾が詰められたカートリッジ
(エアライフルの弾、カートリッジに詰める)


一つの目標に向かって、
全員で作業をしていくチームに、
選手も気合いが入るし、この暗さなんか吹き飛ばす力が湧いてくる。


[写真]長田選手
(満射を連発し気持ちよく練習を終わる長田選手)


練習の終わり、
「いい練習ができました」と、長田は必ず感謝の言葉をかけていく。
監督やコーチが、ほっとする瞬間だ。
もちろん若い新田や久保、太田も
感謝を忘れない。
チームは、そんな感謝の心で成り立っている。


[写真]筋トレ中の久保選手
(夜は筋トレに励む久保選手)


[写真]ワックスがけをしている長田選手と、久保選手、新田選手
(ワックスは毎日の日課)


夜は、ジムにいって筋力トレーニングなど、各選手の課題に取り組んでいる。
そして、就寝前のリラックスした時間、大切なスキー板に、
「明日も滑ってくれ・・・」と祈るようにワックスがけをする。
冗談を言い合いながら、笑いが聞こえてくるキャビン。


長くてあっという間の一日が終わる。
選手たちが、ベットの中でみる夢、
きっと、渉子と同じバンクーバーの夢なのかもしれない。


フィンランド合宿関連記事
フィンランド合宿が始りました
選手をささえるバイアスロンコーチ

バイアスロンフィンランド監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.