1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の新田の勝利は肉体改造の成果

[ ここから本文 ]

2009年2月 8日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田の勝利は肉体改造の成果

2009年2月 8日(日)  [荒井秀樹]

新田が今季初優勝した。フィンランドから体調不良で苦しんできたなかで、ようやく勝ち取った優勝だ。この優勝により、来年のバンクーバー・パラリンピック出場はほぼ確実となった。本人もほっとしているだろう。私もとてもうれしい。


[写真]表彰式の新田選手


レース内容には、昨年夏から取り組んできた筋力トレーニングの成果がよく表れた。


最後まで首位を争ったライルバーグ選手(ノルウェー、※)は、ダブルポール(両腕でストックを使う)だが、左腕切断の新田はシングルポール(片手のみでストックを使う)となる。
(※セベイン・ライルバーグ 2位:1時間3分10秒3)


ダブルポールの選手は両腕が使えるために推進力が強いが、このような選手に競り勝ったことは、肉体改造によって徹底的に鍛えた脚力がついてきた証拠だ。


難しい気象条件でぴったりのワックスを選択してくれた莅戸剛仁コーチ(旭川盲学校)をはじめ、日本チーム全員で獲得した優勝だ。みんなで喜びたい。


そして、日本で新田を後押ししてくださっているご家族、勤務先、関係者、岡山の方々、多くのみなさんに感謝申しあげます。ありがとうございました。


関連記事
世界覇者・宿敵イルカ選手を破り今季初優勝!
思い通りのレース展開。ラストスパートが自信に!
新田佳浩が今季初優勝!

パラリンピックワールドカップ監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.