1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の太田渉子のリカバリートレーニング

[ ここから本文 ]

2009年6月17日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

太田渉子のリカバリートレーニング

2009年6月17日(水)  [荒井秀樹]

週末は、リカバリートレーニングで3~4時間のハイキングやポールウォーキング、バイク、スキーを行っている。
土曜日が登山なら、日曜日はバイクというように飽きないメニューをたてていく。
ここボッカティは、沢山のメニューが用意されているので非常にいいトレーニングができる。
6月13日の土曜日、3時間のハイキング(早歩き)に僕は付き合った。


[写真]ハイキングコース
(今日は3時間の早歩きで、とコースを教えてくれた)


[写真]太田渉子
(「渉子、待ってくれ~!」と追いかけた・・)


太田渉子は、「この道はラップランドまで続いていて、500km以上は行ける」と教えてくれた。
凄すぎる・・・。
木や岩に青ペンキで印が付いているので、迷子にはならないそうだ。
でも木の根っこはあるし、雨上がりだったので岩が滑る、
なかなか前に進まない・・・。
冷やかな目で太田渉子は、「目をつぶっても行ける・・」と自慢げに語っている。
素人の僕は、ついて行くのが精一杯だったのが、悔しい・・。


=
(木や岩につけてある青ペンキが目印だ。「お~い渉子」)


遠く離れた森の中にポツンと一軒の山小屋があって、宿泊施設になっていた。
太田渉子は、1年目、この山小屋の存在を知らなかったそうだ。
そのことを知った、元五輪選手の横山久美子さんから
「ボッカティで、あの山小屋知らないなんて、素人だよ」と。
それから、太田渉子は、この山小屋めざして歩き、
今では1時間ぐらいでつくことができるようになったと言う。
そんな話を太田渉子は嬉しそうにしてくれた。


[写真]山小屋
(森の中にある宿泊できる小屋の前で)


自然の中でトレーニングできることは、とても素敵だし、充実した毎日だ。
ボッカティの人達が、選手のためにウッドチップを敷き詰めたランニングコースや
いろんな設備を用意してくれている。
こういう環境でトレーニングできることに、
会社や多くの人達に、僕は感謝の気持ちでいっぱいだ。
この気持ちを、忘れずに、バンクーバーで結果を出したいと誓った。


[写真]ウッドチップを敷き詰めたランニングコース
(山間のランニングコースに敷き詰められたウッドチップ)

フィンランド監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

アスケル 様
コメントをありがとうございます。Anttiにはいつもお世話になっています。7月は日本、8月はNZ合宿をし、9月にFinlandへ戻ります。時間を作りASKEL
に見学に行きます。今後もどうぞよろしくお願いします。

コメント

渉子さん
先日、Vuolatti (SnowPolis) から帰国しました。現地で、SnowPolis のAntti より貴方のお話を伺いました。頑張ってください、かげながら応援しています。
足のバランスの調整が必要になったら、Snowpolis の Sokos hotel にあるASKEL で足の調整を受けてみてください。足のバランスが整うと体の動きがスムーズになり、スタミナも持ちがよくなります。
興味があったら、Antti Leppavuori に聞いてください。

是非とも怪我をしない選手になってくださいね!

コメント

ふーたんさん
そうですよね!
なんでもそうですが、知恵をしぼれば、いくらでもいいトレーニングはできますよね。
長田と久保が6月21日札幌で行われる全国車いすマラソンはまなす大会に出場します。
応援をお願いしますね!!

コメント

さすがフィンランド、ですね
本当に関心します
日本で同じように、というのは難しいですが
選手の皆さんが創意工夫され
いいトレーニングができるよう
お祈りしております

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.