「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のロンドンパラリンピックと障害者スポーツ

[ ここから本文 ]

2012年9月13日(木) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ロンドンパラリンピックと障害者スポーツ

2012年9月13日(木)  [新田佳浩]

ロンドンパラリンピックが閉幕しました。


ロンドンパラリンピックを見ていて感じたことは、2つです。


まずはパラリンピックの競技レベルの向上です。


そのことが良くわかるのが、前回のブログでも紹介した南アフリカ代表のオスカー・ピストリウス選手の記録です。


200mで優勝を逃しましたが、100mではメダルを獲得することが出来ず4位でした。


北京大会で優勝した11秒17と同タイムだったにもかかわらず、4位という結果はこの4年間でいかに競技レベルが向上したかを物語っています。


日本チームのメダル獲得数が16個になってしまったのも、そのような影響があったのではないかと思います。


そしてもう1つが、ロンドン市民のパラリンピックへの関心です。


今回のパラリンピックはオリンピックよりもチケットが売れた種目があるそうです。


もちろんイギリスがパラリンピック発祥の原点だったことで、ロンドン市民がパラリンピックを盛り上げようと考えたのかもしれません。


純粋にスポーツ観戦が定着しているからなのかもしれません。


詳細は私にはわかりませんが、今回パラリンピックに出場した選手は今までにないような盛り上がった会場の中で競技を行うことが出来たのは、選手として非常に羨ましい限りです。


ソチパラリンピックがどのような舞台なのか全く想像できませんが、まずはいま自分のできることを頑張るだけです。


ロンドンパラリンピック関連記事
ロンドンパラリンピックに刺激を受けています
パラリンピックと道具の問題


パラリンピック関連記事
パラリンピックとは
パラリンピックの歴史
ソチパラリンピック対策ミーティングと国立スポーツ科学センターの見学
目標とモチベーション プレパラリンピックに向けて
ソチパラリンピックまで1000日を切って

パラリンピック障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.