1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のなぜ強いのか、史上最強のロシア

[ ここから本文 ]

2007年12月 7日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

なぜ強いのか、史上最強のロシア

2007年12月 7日(金)  [荒井秀樹]

太田渉子が暮らすフィンランド・ボッカティスポーツセンターに、各国のパラリンピックチームが合宿をしている。
カナダ、アメリカ、ベラルーシ、ウクライナそしてロシアが来ている。


ロシアチームは約1ヶ月近く合宿をしているようだ。
それもジュニアも含め25名の合宿だという。


今、彼らが史上最強だろう。
98長野パラ時代はドイツチームが強かった。
02ソルトレークパラでは、アメリカ・カナダが台頭し、
06トリノパラでは、ロシア・ウクライナ・ベラルーシなどの国が圧倒的に強い。


[写真]ボッカティで合宿するロシア選手たち

トリノパラリンピックではクロカン種目男女、立位・座位・視覚カテゴリーで36個の金メダルが争われた。
そのうちロシアは、13個の金メダル、3分の1を占めていた。
そして、ウクライナが金7個だから、2カ国で20個と凄い。


なぜ強いのか!


その理由の一つに、豊富な資金にある。
ロシアチームの年間活動資金は、そのほとんどは国の予算で、40名近いチームを大会遠征費や合宿費はもちろんのこと、コーチらのお給料や選手の用具購入など全てを賄えるという。
日本や他国とは、いかに規模が違うかだ。

そして、彼らは、ワールドカップの移動はほとんど車で、飛行機を利用しなくてすむのも、経費もかからず効率よい活動が可能となっている。(ワールドカップ開催は欧州が多いから)


[写真]練習するロシア選手たち

そんなロシアに対し、僕らも健闘を見せている。
昨シーズンは、ワールドカップで11個の金メダルを獲得できたし、
井口深雪と太田渉子の2名が年間ランキング1位の総合チャンピオンの快挙を達成できた。


日本チームを支援する企業や団体・個人の皆さんの輪が増えてきている。
そんな応援の輪が、選手たちの背中を押してくれている。
本当に感謝だ。


僕は思う。
一日も早く、パラリンピック選手たちの練習環境を改善する事が、勝利への第1歩だろう。
これからも、その道筋をつける事が求められていると思っている。
渉子から送ってきた写真を見ながら、そんな決意をさせてくれた。

フィンランド応援・支援監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部 旧所属選手・スタッフ

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.